将来の仕事
アクセサリーデザイナー

人々を魅了する装身具を生み出すアクセサリーデザイナー

アクセサリーは身に着ける人にきらめきを与えるだけではなく、自信を与え、内面の魅力まで引き出してくれます。そんな作品を生み出すために、アクセサリーデザイナーは素材の美しさを生かしつつ、自らの感性や技術を形にしていくのです。そのため、専門的な彫金技術やデッサン、色彩の知識などに加え、新たなトレンドを生み出すセンスも求められます。

貴金属だけではなく、さまざまな素材を使う現代アクセサリー

現代のアクセサリーは、宝石や金・銀・プラチナなどの貴金属を使った高価なジュエリーばかりではありません。布やプラスチック、木、金属など、ありとあらゆる素材がデザイナーの工夫やセンス次第で美しいアクセサリーに変身します。だからこそ、アクセサリーデザイナーにはさまざまな素材の取り扱い方やクラフトデザインの知見が必要なのです。

アクセサリーデザイナーの働き方も十人十色

アクセサリーデザイナーになるには、メーカーに所属する「インハウスデザイナー」として働く以外にフリーデザイナーとしてアクセサリーを制作する道もあります。メーカーで何年か修行したのちにフリーデザイナーとして独立するのが一般的ですが、最近では、ハンドメイドのアクセサリーをネット上の売るマーケットプレイスもあります。アクセサリーデザイナーの働き方の幅は格段に広がってきたといえるでしょう。

《 アクセサリーデザイナーの仕事 まとめ 》

  • 作品のコンセプト、素材、価格設定などを考慮しデザインを考える
  • 制作を外注する場合には、図面を制作し、発注する
  • オーダーの場合は、顧客の要望を聞いてデザインを練って、制作する
  • 展示会の会場探しや案内状の作成など、広報、接客、費用の管理計算なども行う

アクセサリーデザイナーになるために「日本デザイン福祉専門学校」で学ぶ

クラフトデザイン学科 造形基礎実習III(基礎造形1)
「行為と素材の表情」「配置と発見」「かたちの要素と単位」「造形のプロセス」など形と素材を中心テーマに、画材・道具の用法、表現技法、造形発想、美的形式原理など造形デザインの基礎について平面や立体の作品制作を通じて学びます。

クラフトデザイン学科 創作研究時間
工房の空き時間を使用して授業課題制作の続きや、自分の作りたい作品を作ることができます。

クラフトデザイン学科 造形基礎実習VI(造形素材2)
土・ガラスといった造形素材に対して実験や造形制作を行います。全感覚を生かした作業と観察を行うことで各素材の特性・加工法・利用法や造形的な表現力を学ぶとともに、異種素材との組み合わせ、型や環境の研究など、高度で総合的なアプローチにより素材の造形的な可能性も追求します。

NDCの卒業生はこんな活躍をしています!

好きなアクセサリーをずっと作り続けるための戦略を立てました。

ガラス工芸作家 稲山 貴栄

詳しく見る

資料請求はこちら