将来の仕事

漫画編集者

出版社の編集部や、編集プロダクションに所属し、雑誌や単行本の企画から仕上げまで(編集)するのが漫画編集者の仕事。
編集者は、漫画家と共に登場人物の設定や、ストーリーの構想を練り「プロット」を作る。
その後、簡単な絵とセリフが入った「ネーム」を作家が描きあげます。
「ネーム」の全てのコマを編集者がチェックし、ストーリーが決定。
絵とセリフを原稿用紙に漫画家が下描きして「下絵」を進め、同時に編集者はセリフの文字を逐一チェック。
吹きだしと文字のバランスを考え、イメージに合う字体やタイトルロゴ、キャチフレーズなどを決定。
漫画家がペン入れ+仕上げた完成原稿を受取り、誤字脱字の確認後、印刷所へ入稿。ここまで進めて「校了」となる。
ここまでの作業は担当編集者の責任で行うが、漫画雑誌の連載の場合、一人で数本も担当するケースが主流です。
雑誌の場合、読者ページの企画編集や、読者プレゼントの写真撮影などの雑務も併せて行います。

漫画編集者になるには、こういうことを学びます

漫画編集者に何より大事なのは、たくさんの作家達と信頼関係を築きながら優れた作品を作り上げるためのコミュニケーション能力です。また、企画を形にするプレゼンテーション能力も重要となってきます。読者が望むものをマーケティングして作家に伝え、創作活動に支障が無いような環境作りや精神ケアも大事です。
漫画編集者になるための免許や資格は、特にありませんが、 大手の出版社となると倍率は非常に高いものとなります。漫画編集のプロダクションに入り、アルバイトや契約社員から正社員になる道もあります。
コマ割りなどの専門的な知識はいわゆる徒弟制みたいなもので、とにかく現場で見て覚えていくことになります。中には、漫画家志望が編集に転じる事もあります。

この職種のやりがい

作家と一緒に悩み抜いてやっと完成した作品が誌面に載った時。
その作品が読者アンケートで「面白かった!」と言ってもらえた時。
そしてヒットに繋がり作家にとっての「代表作」になること。
また、読者が漫画を読んだ事で人生観に良い変化が生まれること。

漫画編集者の実務とは

編集作業全般と雑務が多いです。
雑誌の場合、読者ページの企画編集や、読者プレゼントの写真撮影などの雑務も併せて行います。
また、作家とのやり取りも重要になってきます。読者が望むものをマーケティングして作家に伝え、創作活動に支障無いような環境作りや精神ケアも大事です。休日であろうが深夜になろうが作家が迷ったらトコトン話しあい、お互い納得のいく形で作品を作ります。 作家の進行管理や環境作りといった細やかな気配りも求められてきます。

資料請求はこちら