将来の仕事

コピーライター

商品や企業を宣伝するため、新聞・雑誌・ポスターなどのグラフィック広告、テレビCM、ウェブサイトやバナー広告などに使用する文言(コピー)を書くのが仕事になります。

コピーライターになるには、こういうことを学びます

広告や編集メディアにおけるキャッチコピーやボディーコピーは、メディアを構成する写真やイラストレーションと共に必要不可欠な要素です。
文章づくりの基本とコピーライティングの実際をメディアをとおして学びます。

この職種のやりがい

自分が関わった広告物に自分の言葉が載っているときの達成感。
そして駅や街かど、店頭,CMなど多岐にわたる場所で使用されていると嬉しいものです。

コピーライターの実務とは

コピーライターの仕事はグラフィックデザイナーと同様、非常に多岐にわたり求められる分野です。
クライアントとの打ち合わせを密に重ね、広告したい商品とその商品の目的や予算など十分に把握し、市場を見極め競合商品に立ち向かうための戦略を構築し、消費者に「商品を買う」などの行動を起こさせるように、覚えやすく、説得力のある言い方を考えます。

資料請求はこちら