将来の仕事

ツアーコンダクター

旅行会社が企画するパッケージツアーや団体旅行に同行して、旅行の行程管理や旅行客への応対などを行う仕事です。「添乗員とも呼ばれます。旅行の行程管理とは、旅行がきちんと計画通りに運行されるよう、安全面にも配慮しながら管理することです。交通機関やホテル・宿などとの調整も行います。そして、旅行客を楽しませるための演出も大事な仕事の一つです。
ツアーコンダクターになるには「旅程管理主任者」の資格が必要です。働き方は旅行会社か派遣会社に所属するのが一般的です。

ツアーコンダクターになるには、こういうことを学びます

パッケージツアーや団体旅行へ、主任添乗員として同行するには、国内旅行の場合「国内旅程管理主任者」の資格が、海外旅行の場合「総合旅程管理主任者」の資格が必要になります。この資格を取得するには、まず旅行会社や添乗員の派遣会社に所属し、研修と実務経験が必要です。研修では、旅程管理業務についての理解や必要となる各種サービス提供契約などについての理解が求められます。例えば、現地での情報収集、ホテルやバス・飛行機などの手配、食事の手配、各種予約・内容の確認方法などを学びます。また、海外旅行で必要となる、パスポートや予防接種証明書などの書類作成の方法も学びます。
海外旅行への同行の場合には、現地の言語、もしくは英語の習得も欠かせません。

この職種のやりがい

一人で多くの旅行客に対応する必要があるため、大変な面も多いですが、その分、すべての旅行の行程がスムーズに運び、安全に運行できたときの達成感は大きいものです。また、旅行客を楽しませるために、さまざまな創意工夫をしたことによって、旅行客から「楽しかった」「ありがとう」などの感謝の言葉をもらったときは、喜びもひとしおです。旅行一回ごとに、達成感と感動が味わえるのはツアーコンダクターならではのやりがいです。

ツアーコンダクターの実務とは

自分が同行するツアーが決まったら、旅行先の情報収集から始めます。旅行会社の担当者との打ち合わせをしながら、行程スケジュールの確認、ツアーに参加する旅行客の把握、航空券の確認、海外の場合は出入国に必要な書類の確認などを行います。
旅行当日には、目的地についての案内や安全面での注意事項、出入国手続きなどを参加者に説明します。目的地では、旅行客へ乗り物の乗降案内、各観光地やホテル、食事会場などへの集合時間や場所の連絡などを行います。観光やショッピング楽しむための案内も欠かせません。

この職種が学べる学科

資料請求はこちら