2017年に創立60周年を迎えます。

将来の仕事

WEBデザイナー

インターネットのWEBサイトをデザインするデザイナーのこと。
主にビジュアル的要素を担当する場合が多いが、最近では画像素材の制作からコーディングまでを行うケースがあったり、企業規模によっては分業化しているケースもあるので、WEBデザイナーの仕事の範囲が定かではなくなってきている。
別の似た呼び方としてウェヴクリエイターという呼び方もある。
仕事としては、WEBサイト全体のページ構成の設計から、画像やイラストなどの素材作成、各ページのデザイン制作、コーディングなどを行う。

WEBデザイナーになるには、こういうことを学びます

デザインの基礎科目とその応用科目である演習科目の他に、紙媒体以外のグラフィックデザインであると考えれば、DTPやアートディレクションなどの要素も必要であり、分業化されていない企業ではデザイナーにHTMLやCSS、JavaScriptなどコーディングの知識も要求されるケースもある。

この職種のやりがい

紙媒体の様に一方通行のメディアではなく、インタラクティブなメディアとしてデザインしたものが即時的に評価が分かってしまうところ。
デザインしたものの評価がサーバーによるアクセス解析により瞬時に知ることができる。

WEBデザイナーの実務とは

Webページをうつくしくそして魅力的かつ機能的にデザインすることが、Webデザイナーの基本的な仕事になりますが、それ以外に様々な言語を使い分け、目的に合わせたwebページを作ります。Webページのデザインには、Illustratorや、Photoshop、Fireworksといったグラフィックスソフトを使用することが多くあります。これらのソフトを使い分け、webを見る人にわかりやすく、伝えやすく、そして美しく見せるのが重要です。