将来の仕事
エディトリアルデザイナー

本や雑誌などの印刷物に特化したデザイナー

エディトリアル(編集)デザインとはグラフィックデザインの一分野で、印刷物などの誌面デザインを専門に手掛ける仕事です。ブックデザイナーが主に書籍の装丁をデザインしているのに対し、書籍だけではなく、新聞や雑誌、商品パンフレット、カタログといった印刷物全般のデザインを行ないます。読みやすい誌面にするためには、印刷物の構成や表組みなどを考えて、タイトルや小見出し、本文、写真、イラストなどのレイアウトを機能的、かつ美しい形にまとめ上げることが求められます。文字の書体や大きさ、行間、行幅などのスタイルを考えて、適切な文字組みにすることをはじめ、素材に関してもカメラマンやイラストレーターに指示を出し、出来た写真やイラストの加工・配置を行ない、印刷する前の段階のデータまで作ります。

誌面デザインの知識だけではなく、感性や創造力も大事

エディトリアルデザイナーになるためには、特別な資格は不要ですが、グラフィックデザインの基礎知識はもちろんのこと、文字や紙、誌面レイアウト、ページの流れ、本の作り、印刷全般についての知識はしっかりと学んで身に着けておきたいもの。また、デザイン作業はパソコンを使用して行うため、IllustratorやPhotoshop、InDesignといったソフトを使いこなすスキルも必要になります。さらに、DTPオペレーターの仕事も兼ねるケースも多いので、DTPのスキルも必要です。もちろん、こうしたスキルや知識だけではなく、デザイナーとしての感性や創造力も求められます。

読者の視点で読みやすい誌面とは何かを考える

編集者やコピーライターが作った文章をいかに読みやすく美しく組むかがエディトリアルデザイナーの腕の見せどころ。編集者やクライアントと共に書籍や雑誌、パンフレットなどのページ構成や誌面について話し合い、時には使用する紙の種類、印刷方法の提案などもします。また、カメラマンやイラストレーターには、企画の意図をしっかり伝え、的確な指示を出していきます。そうして印刷物が仕上がったときの達成感は、大きな励みとなるはずです。

《 エディトリアルデザイナーの仕事まとめ 》

  • 編集者やクライアントと打ち合わせをして、作品の方向性をすり合せる
  • フォーマットとなるデザインを作成する
  • 写真やイラストなどのディレクションを行う
  • 仕上げたデザインを入念に校正し、クライアントや編集者にもチェックしてもらう
  • 最終確認が取れたら、印刷所に入稿データを納める

エディトリアルデザイナーになるために「日本デザイン福祉専門学校」で学ぶ

グラフィックデザイン学科 グラフィックデザイン専攻
造形基礎実習VI(アートワーク2)

表現技法で用いる様々な画材、用具を使い、イラスト、絵画、現代アートの表現方法や展開を学び、具象から抽象表現までの造詣を深め、コンピューターで再現されるマチエールやツール特性の本物に触れる経験を通じて、デザイン表現でのオリジナリティと創造的感性を広げていきます。

グラフィックデザイン学科 グラフィックデザイン専攻
分野別総合実習III(エディトリアルデザイン)

雑誌や書籍などの出版物やフリーペーパー、カタログやパンフレットなど冊子形式の編集デザインを印刷やDTP の知識と共に学び、実習していきます。全体構成やタイポグラフィ、写真、イラスト、図表といった様々な視覚要素を整理し、効果的で魅力ある誌面デザイン、レイウトワークを習得していきます。

グラフィックデザイン学科 グラフィックデザイン専攻
分野別総合実習II

写真撮影を学ぶ授業です。専用のフォトスタジオで自ら撮影します。

NDCの卒業生はこんな活躍をしています!

仕事はさまざまです。何でもできる人間になりたいので知らない事はすぐ調べ、柔軟に対応できるように知識を増やしています。

浅草ビューホテル 販売促進・顧客管理金丸 洋美

詳しく見る

何でも知りたい。好奇心が「旅」の達人に。

イラストレーターKuma*Kuma

詳しく見る

キッカケはSNSに投稿したイラストです。

イラストレーターまるやまひとみ

詳しく見る