創造的職業人を育成します。

お役立ちコラム

保育現場でデザイナーの知見を活用しよう

デザイナーの知見を活用できるのはデザイン会社だけではありません。
保育の現場でもデザイナーの知見を活用できる仕事があり、子どもの心に残るようなデザインを手掛けたい方にはぴったりです。
今回は、保育現場でデザイナーの知見を活用する方法を紹介します。
デザイナーとして保育現場に携わる仕事がしたいと思っている人は必見です。

保育園の運営するサイトでデザイナーとして活躍できる

保育園などの施設は待機児童が多く存在するほど需要があります。

子どもを預けるところは安全で、安心して任せられるところが良いと考える保護者が大半なので、人気の保育園などでは高い倍率を誇っているところも多く存在します。

保育園などの施設を探すときに、保護者が活用する保育園の公式サイトなどはデザイナーが作り上げています。

サイトなどからどのような保育園なのかを把握して決める人もおり、いかにその施設の良いところを伝えられるかはデザイナーの腕が大きく関わっていると言っても過言ではありません。

まずは、サイトを見て興味を持ってもらわなければいけないのでサイト作りを行うデザイナーの重要性が分かると思います。

保育現場をデザインする空間デザイナーとは

保育園などは小さな子どもが生活しやすいように作られていることが多いです。

大人では問題なく使える施設であっても子どもにとっては危険が伴う場合もあり、子ども目線で安全性に特化した施設に仕上げることが求められます。

保育園などの施設を子どもが好むようなデザインに仕上げることで、その保育園に通う子どもたちも楽しい気持ちで通園できますよね。

小さな子どもは様々なことを吸収する力も優れているので、小さいときの記憶などが残っていることも多いです。

空間デザイナーは、大人になっても子どものときに通っていた保育園は素敵な場所だったと人々の記憶に残すこともできるやりがいのある仕事です。

保育現場でデザイナーの知見を活用するメリット

保育現場でデザイナーの仕事をすると自分が作成したものが多くの人の目に触れる機会に恵まれます。

保育園の施設を見て入園を決めたり、ホームページを見て選んだりと自分が手掛けたものが大事な子どもを預ける場所選びに一役買うこともあります。

子どもが楽しいと思える空間を提供できるのは大きなやりがいですし、子どもから大人まで見るものを手掛けられるというのはデザイナーとしての知見を大いに活用できる場と言えます。

保育現場でデザイナーの知見を活用するために持っていると良い資格

デザイナーとして活躍するには必ず取得していなければならない資格はありません。

しかし、就職先によっては必要とするスキルに付随する資格などもあるため、資格は取得している方が良いです。

就職のときも資格を取得していると有利に働くこともあります。

保育現場でデザイナーの知見を活用するために持っていると良い資格として挙がるのは、Illustrator(R)クリエイター能力認定試験です。

Illustrator(R)は、世界基準のグラフィックツールで、デザインを作り上げる上で欠かせない資格です。

デザインの仕事は納期があり、相手先から求められるカタチでの提出が必要となっています。

自分が良い仕上がりと感じていても相手先が満足できるものを作り上げなければ意味がありません。

デザインをカタチにするには細かな作業や時間を要するため、いかに効率的に作業を進められるかがキーポイントです。

そのような点でも実践で生かせるIllustrator(R)クリエイター能力認定試験の取得はおすすめです。

次に取得していると良い資格として挙がるのは、Photoshop(R)クリエイター能力認定試験。

先ほど紹介したIllustratorと同様Photoshopもグラフィックツールの世界基準です。

画像の加工や編集などを行う上で欠かせないスキルを取得できるので実践の場でも取得していると重宝します。

Web制作を行う上で、コーディングという作業があり、その作業を行う代表的なツールがDreamweaverです。

サイトの制作、編集などを行うために必要なもので、使用できると即戦力となることも。

Webサイトの作成は保育現場も、その他の様々な業種でも求められるので取得していると格段に仕事の幅も広がります。

まとめ

ここまで保育現場でデザイナーの知見を活用する方法を紹介しました。

保育現場でもデザイナーの知見を活用することは可能で、子どもの心に響くもの、保護者へ保育施設の良さを伝えるものを作成できます。

デザイナーの知見を生かすにはまず、デザイナーの知識や技術を保持していることを表す資格取得が望ましいです。

紹介した資格を保持していることで、保育現場での仕事の幅も広がります。

直接的ではありませんが、仕事を通して子どもと関わることもできます。

自分が作成したものが多くの人の目に留まるチャンスもあるので、やりがいもある仕事です。

デザイナーの知見を活用できる保育の現場様々な形であるので、子どもが好きな人にもおすすめです。

保育関連の仕事を学べるのはこの学科