学科・専攻の紹介

保育こどもデザイン学科※卒業と同時に保育士資格を取得

2年課程 専門士・保育士

「豊かな感性」を持った人材を育成

保育士のプロフェッショナルに必要な幅広い知識や、豊かな感性・思いやりの心を持った保育士になるために、音楽や美術・デザイン系科目も合わせて学びます。またベビー シッターや色彩検定など各種の資格取得を目指します。

保育こどもデザイン学科のツイッターはこちら

私が、この学校を選んだ理由。

日本デザイ福祉専門学校 2年生

保育士を目指したいと考えていましたが、もともと絵を描くのも好きでした。色々な学校を調べましたが、私の学びたい理想的な内容がこの学科にありました。

インタビュー記事を読むへ>>

保育こどもデザイン学科の学べる特色

学べる特色①

あそびのデザイン

造形の基本的要素である「色彩」「形態」「材質感」の性質や特徴を理解し、それらを生かした造形構成力を育成します。
具体的には、遊びの要素を取り入れた平面表現(描くことや貼り絵など)を中心に創造力を豊かにする為の造形活動について考え理解を深めます。

学べる特色②

保育内容総論

保育内容の基本を理解した上で、全体構造をどのように組み立て、実践して評価するのかを理解します。
また、子どもの生活全体をとおして養護と教育が一体となることを具体的に学びます。

学べる特色③

音楽あそび

歌やリズムに合わせて、子ども達の身体が自然に動き出すような音楽あそびの方法について考えます。
また、保育者として子ども達に音楽の喜びや楽しさを、どのように伝えるかを様々な視点から捉え総合的に学びます。

カリキュラム

1年
講義 体育講義/ビジネス教養/コミュニケーション論/保育原理/教育原理/子ども家庭福祉 社会福祉/社会的養護I/保育者論/年次レポート研究
演習 英語/保育内容総論/環境/健康/人間関係/言葉/表現/保育内容の理解と方法I・II・III/保育指導実習I/保育の救急と防災
実技 体育実技
実習 保育実習I
演習 1年次選択科目(3科目選択)
あそびのデザイン(平面)/色彩福祉/レクリエーション/児童文化
2年
講義 キャリアサポート/保育の心理学/子ども家庭支援の心理学 子どもの保険/保育の計画と評価/乳児保育I/子ども家庭支援論/在宅保育/卒業レポート研究
演習 子どもの理解と援助/子どもの健康と安全/子どもの食と栄養/乳児保育II/障害児保育/社会的養護II/子育て支援/保育実践演習
実習 保育実習I
2年次選択科目(5科目選択)
演習 保育実習指導II/音楽II/あそびのデザイン(立体)/音楽あそび/幼児英語
実習 保育実習II
※保育実習指導IIと保育実習IIは必ず履修する。

時間割表(サンプル)
mon tue wed thu fri sat
1年次 a.m. 体育講義 コミュニケーション論 子どもの家庭福祉
体育実技 保育内容の理解と方法I 保育実習指導I 社会的養護I
p.m. 保育内容の理解と方法III 保育の救急と防災 英語 保育原理 環境
- LHR 保育者論
2年次 a.m. [選択]保育実習指導II LHR - 乳児保育
[選択]音楽あそび 相談援助 保育の心理学I
p.m. 保育実践演習 [選択]音楽あそび [選択]あそびのデザイン(立体) 障害児保育
-

卒業後はこんな仕事が待ってます。

  • 保育所
    保護者が共働きなどの理由で子どもを保育できない場合に、保護者に変わって子どもを保育する施設です。就学前の子どもが対象になります。また、全国には保育所が公私立あわせて約2万3千か所あります。
  • 企業内保育施設
    企業内の従業員向けの保育施設です。子を持つ女性にとって社会復帰をする時の大きな決め手となっています。勤務体系に合わせて労働体系が異なります。給与も企業により異なります。
  • 病院内保育施設
    病院内の看護師・医師等の従業員様向けの保育施設です。預ける保護者の方が安心して働けるよう、延長・夜間保育時にも対応している場合もあり、労働体系・給与等が施設により変わります。夜間の時間対応も施設によっては有ります。
  • インターナショナルプリスクール
    英語環境でこどもを保育してもらう施設です。保育内容は、英語の歌、ダンス、工作、外遊び、また、料理、遠足、ハロウィンなどのイベントが開催されることもあります。外国人の先生をメインに、英語が話せる日本人スタッフが補助に入ることが多いようです。
  • 日本人保育園・幼稚園(日系保育園)
    海外勤務・海外転勤で海外に駐在する日本人の子供が通う保育園や幼稚園です。その国の現地の先生と、日本人の先生が在籍しバイリンカル教育をしてくれるような園もあります。
  • 託児所
    託児所とは、乳幼児を預かりお世話をしてくれる施設。国の定めた「児童福祉施設最低基準」を満たした認可保育所には該当せず、認可外保育所にあたります。認可保育所は預ける人が仕事をしている等の条件がありますが、託児所にはその規制はありません、仕事をしていなくても預けることが可能です。託児所は児童福祉法による届出を行い、定期的に立ち入り調査や指導も行われています。よい環境で保育をしている託児所はたくさんあります。
  • ベビーシッター
    家庭の育児・教育方針に沿い、子どもをお世話する保育のプロフェッショナル。ベビーシッターには幅広い活躍の場があります。
  • 児童館
    0才から18歳未満までの児童のための福祉施設です。子どもたちに遊び場と遊びを提供し、遊びを通して児童が心身ともに健やかに成長するサポートする施設です。
  • 学童保育
    お仕事等で昼間保護者が家庭にいない小学生の児童に対して、放課後・長期休暇等に保護者に代わって保育を行う施設です。行政においても「放課後児童クラブ」という名称を使用することが一般的です。
  • 児童養護施設
    保護者の病気や経済的理由などで家庭生活を続けることが困難となった、おおむね1歳過ぎから18歳まで子どもたちが利用する入所施設です。児童養護施設を利用する子どもたちにとっては「もう一つの家」ともいえます。
  • 乳児院
    様々な理由で保護者のいない、乳幼児を入院させて養育している施設です。あわせて退院した子どもについて相談その他の援助を行っています。
  • 障害児施設
    障がいのある児童が入所または通所する施設です。福祉サービスを行う「福祉型」と、福祉サービスに併せて治療を行う「医療型」があります。
  • 母子生活支援施設
    さまざまな事情で入所されたお母さんと子どもに対して、心身と生活の安定を図るための相談・援助を進めながら、自立を支援をする施設です。
  • 幼児教室
    親と保育者により自主運営され、3歳~5歳までの就学前の子どもたちの保育を行う施設です。(2歳児保育を行っている幼児教室もあります。)長期の実績がある幼児教室は市からも補助金が出されています。運営も保育内容も親と保育者の協力によってすすめられています。1クラスが小人数で、一人ひとりの発達や個性をしっかりとらえたゆとりある保育を行っています。
※上記以外にも、本校で学んだ内容や保育士資格を活かせる仕事は数多くあります。また、おもちゃの企画デザイン、育児雑誌デザイン、離乳食のパッケージデザイン、絵本作家など、修得するデザインスキルにより仕事の可能性はさらに広がっていきます。

就職先

保育所、企業内保育施設、病院内保育施設、インターナショナルプリスクール、日本人保育園・幼稚園(日系保育園)、託児所、ベビーシッター、児童館、学童保育、児童養護施設、乳児院、障害児施設、母子生活支援施設、幼児教室など

※修得するデザインスキルにより、おもちゃ・文具・子供服の企画デザイン、育児雑誌のデザイン、離乳食のパッケージデザイン、こどもの遊び場のデザイン、育児WEB サイトの企画・デザイン、絵本作家、あそび歌作家など

資格

  • 保育士(卒業と同時に取得)
  • 認定ベビーシッター ※1

<取得を目指す資格>

  • MFA チャイルドケアプラスプロバイダー ※2
  • おもちゃインストラクター
  • AFT 色彩検定 など

※1.資格取得指定校 申請予定
※2.成人に加え、乳児・小児を含む応急手当。救急医療の先進国アメリカで開発された一般市民レベルの応急救護の訓練プログラムで、様々な 公的機関や団体の多くから公認され世界中に普及している。