創造的職業人を育成します。

お役立ちコラム

ライトノベルの表紙・挿絵イラストの仕事に就くには

このページに辿りついた人はライトノベルの表紙や挿絵イラストの仕事に興味があると思います。
今回は、ライトノベルの表紙・挿絵イラストの仕事に就くには、どのような方法があるか紹介します。

イラストが果たす役割とは

世の中には数多くの小説や文書が溢れています。

文字だけで想像する文章を読むのが好きな人もいますが、イラストが入っていることでより情景をイメージすることができます。

イラストが世界観をより連想させやすくする役割を果たすのです。

文字だけの小説を読むのは少し苦手と感じていてもライトノベルなどでイラストや挿絵が入っていると話を読み進めるのが容易になると感じる人も少なくありません。

また、数ある書籍の中から本を選ぶときにもイラストや挿絵は大きな役割を果たします。

イラストが気に入って本を手に取るという人も多いです。

いくら良い本であっても買い手が興味を持たなければ見向きもされないこともあります。

そのような意味でもイラストや挿絵が購入意欲を引き立てていると言っても過言ではなく、それほど重要なものです。

ライトノベルの表紙・挿絵イラストの仕事に向いている人とは

ライトノベルの表紙・挿絵イラストの仕事に向いているのはコツコツと作業を進められて、細かな作業が苦にならない人です。

納期内に作品を仕上げる必要があるので、納期通りに納品できるように予定を組み立てて作業を進められるかどうかが重要です。

自分だけが満足できる作品ではなく、依頼者が満足できる作品に仕上げないといけないため修正等も当然発生してくるので、メンタル的にもタフさが求められます。

相手が求めているものを理解できるなど些細なことにも気付ける人であれば、イラスト業界でも重宝されるでしょう。

また、ライトノベルの表紙や挿絵イラストは小説を読み、そこからイメージしてイラストを描きあげます。

そのため小説を読むことが好きな人は向いていると言えます。

ライトノベルの表紙・挿絵イラストの仕事のやりがい

ライトノベルの表紙・挿絵イラストの仕事は根気がいる仕事です。

しかし、自分が描いた作品が大勢の人の目に触れる機会もあり、非常にやりがいのある仕事でもあります。

自分の仕事の成果が広く周知される職業は多くないですが、イラストの仕事は、作品が世に発信されるので、自分が手掛けた作品を大勢の人が手に取るという機会もあり、そういった他の職業にはない経験を得られます。

イラスト関係の仕事に就くにはどうしたら良い?

イラスト関係の仕事に就くには、イラストレーターや挿絵画家などを目指せる専門的な学校に通うことをおすすめします。

具体的にはイラストやデザインの専門学校や美術系の大学が挙がります。

イラスト、デザインの専門学校や美術系の大学であれば、専門的な知識や技術の習得が可能です。

演習や実習を通して様々な技法を身につけ、就職してからも役立つスキルを学ぶことができます。

イラストの仕事は技術や表現ありきなので、表現の技法などを一から学べる学校を選ぶと心配いりません。

テクニックを身につけるには知識があるだけでも、表現方法を知っているだけでもなく、知識や技術、表現方法など様々なものを修得している必要があります。

また、イラストの仕事に就くために必要な力と併せて就職先を紹介してもらうことも可能です。

1人で一から未経験の状態で、イラストの仕事を見つけるのは至難の業とも言えます。

しかし、専門学校などであれば自分が進みたいと思える分野の就職先への紹介実績などを多く持ち合わせている学校が多いので、就職活動においても手厚いサポートが期待できます

ライトノベルの表紙・挿絵イラストの仕事に就くときに持っていると良い資格はある?

ライトノベルの表紙や挿絵イラストの仕事に就いているイラストレーターは、イラストの仕事をする上で必ず必要な資格というのはありません。

では資格は取らなくて良いのか?と思う方もいるかもしれませんが、資格は取得していた方が良いです。

画像編集の資格であるIllustrator(R)クリエイター能力認定試験やPhotoshop(R)クリエイター能力認定試験などの取得がおすすめです。

イラストレーターは画像編集する力が必要なので、これらの資格取得に向けて学ぶことで実践でも使いこなせるようになります。

また、色彩検定の資格も持っていると有利です。

イラストの色は好きな色を選べば良いわけではなく、色の組み合わせなどで持っている意味や相手に伝わるものが変わってきます。

色が与える効果などを知っているとライトノベルの表紙や挿絵イラストでも内容とマッチしたイラストを表現できます。

まとめ

ここまでライトノベルの表紙・挿絵イラストの仕事に就くにはどのような方法があるか紹介しました。

ライトノベルの表紙・挿絵イラストの仕事は多くの人の目に触れる機会もあり、やりがいがある仕事です。

専門的な知識や技術を要する仕事のため、イラストの仕事がしたいのであれば、イラストについて学べる専門学校や美術系の大学などに通いながら知識を深め、技術を習得するのがおすすめです。

根気のいる仕事ですが、作品が仕上がったときの充実感や好きなイラストの仕事ができるというのは大きな魅力なので、興味がある方は検討されてはいかがでしょうか。

イラストを学べるのはこの学科