創造的職業人を育成します。

お役立ちコラム

在宅イラストレーターになるには

イラストレーターを志す方で、在宅イラストレーターになるにはどのような方法があるか気になる方もいらっしゃるのではないでしょうか。
今回は、在宅イラストレーターになるにはどのようにしたら良いか紹介します。

在宅イラストレーターとはどのような職業?

イラストレーターは、クライアントが求めるイメージに合ったイラストを作り上げる職業です。

イラストが使われる媒体は多く存在し、広告やポスター、本、雑誌、ゲームのキャラクターなど様々な場面で登場します。

クライアントによって求めるものは異なるので、相手先が何を求めているのか把握した上で仕事をしていく必要があります。

イラストの提供方法も様々で、手書きのもの、データ化するもの、ソフトを用いて絵を描く方法などがあるため、自分ができる方法や得意な分野にマッチしたクライアントを探すことも重要です。

在宅イラストレーターは、このような仕事を自宅ででき、自宅でイラストを手掛けていく仕事です。

在宅イラストレーターとして働くメリット

在宅イラストレーターは、自宅で作業するため天候などに左右される心配もありません。

勤務先で仕事をする場合は天候やアクシデントのために、いつもより早く出勤するなど縛りを受けることも多いです。

その点在宅イラストレーターは在宅でできる仕事のため、自宅にある程度の環境さえ整っていれば極端な話、今すぐにでも活動することが可能です。

毎日の通勤は時間の制約や神経を使うことも多いですが、在宅イラストレーターは納期までに納品できれば自分で仕事の時間を決めることもできます。

そのため、時間を多く確保できるのもメリットです。

他の人が通勤に使っている時間を仕事や家族との時間に使うことができるのです。

また、役所などに行きたいと思っても決められた休みで動く会社勤めであれば、休みを取らなければいけないなど自由に動けないこともしばしばあります。

自分で休みを自由に決められるのは在宅で働く大きなメリットです。

しかし、自分でコツコツと作業を進められる人でなければ自分との闘いの部分も多い在宅での仕事は厳しいと感じるかもしれません。

在宅イラストレーターは、納期に向けて作業を滞りなく進められる人には最適な仕事ではないでしょうか。

在宅イラストレーターが持っていると良い資格

在宅イラストレーターになるには、必ず持っておかなければいけない資格はありません。

だからと言って資格を持っていないよりも持っている方が仕事の依頼も受けやすいです。

ソフトを用いての作業も多いため、次に紹介する資格取得を目指すと良いです。

Photoshopクリエイター能力認定試験は、イラストレーターの多くが使う画像ソフトのスキルを身に着けていることを証明する資格です。

スタンダードとエキスパートの2つのレベルがあり、在宅イラストレーターを目指す人が持っていると良い資格と言えます。

Illustratorクリエイター能力認定試験は、イラストやデザインの編集を行うソフトを使えることを示す資格です。

実技試験で文字入力や描画作成など実践で使用する作業の試験が出題されます。

実践で使える内容の試験のため、これらの資格を持っていると実践でも問題なくソフトを使えます。

在宅イラストレーターになる際に気をつけておくべきポイント

在宅イラストレーターは個人で仕事をしていくため、税金関係などは自分で申告を行う必要があります。

会社に所属していると給料天引きや会社の事務の人が手続きをしてくれることが多いですが、在宅イラストレーターの税金関係は自己管理で、確定申告なども自分で行わなければなりません。

仕事をしながらそのような申請や申告は自分で行わなければならないので、しっかりと帳簿をつけ、仕事以外で事務作業をする時間を設けるなどして対策を行いましょう。

イラストレーターになる方法

イラストレーターになるには、独学で学ぶ方法と専門学校などで学ぶ方法があります。

独学であれば学校に通うよりも費用を抑えられますが、知識や技術を身につけることや仕事を探すのも全て自分で行わなければならないため多くの労力を使うこともあります。

専門学校などの学校であれば一から基礎を学ぶことができ、資格取得についてもサポートしてくれるなど心強いです。

在宅イラストレーターは、特に自分で仕事を探していくことになるためクライアントの目に留まるような、スキルや経験を身につけていた方が良いです。

具体的にはイラストレーターを募集しているサイトなどに登録して営業したり、自身のブログやSNSなどを活用して仕事の依頼を募集する方法があります。

在宅イラストレーターとして活躍するには、いかに積極的に他者に働きかけることができるかどうかが重要と言えます。

まとめ

ここまで在宅イラストレーターになるにはどのようにしたら良いか紹介しました。

在宅イラストレーターは、自分で仕事を見つけなければならないため根気も必要です。

クライアントにアピールする意味でも、イラストレーターに必要とされる資格取得なども含め自身を売り込むと良いでしょう。

在宅で仕事ができるので、時間管理をしっかりできれば自分のペースで仕事に取り組めます。

イラストレーターを学べるのはこの学科