創造的職業人を育成します。

お役立ちコラム

webデザイナーにプログラミングは必要?

webデザイナーはweb制作を行いますが、プログラミングについても知っていた方が良いのか、知識が必要なのか、気になる方も多いのではないでしょうか。
今回は、webデザイナーにプログラミングの知識は必要かという点を解説いたします。

webデザイナーにプログラミングは必要?

結論から言うと、webデザイナーはプログラミングの知識があった方が良いです。

webデザイナーは、webデザインの制作を行います。

web全体のデザインの他、HTMLなどの言語を理解している必要があります。

サイトの見やすさなども考えながら見る人の目を引くサイトに仕上げていくのです。

プログラミングができることで得られるメリットとは

web制作を行うときはデザイナーとプログラマーが一緒にサイト構築に励むことがあります。

コミュニケーションを取りながら仕事を進めていきますが、プログラミングについて知っているとプロジェクトの進行もスムーズです。

また、プログラミングについて知っているとデザインの表現の幅が広がります。

プログラミングについて知っているということは、システムの構築などについても知っているということです。

デザインに加えてプラスαでできることがあると仕事の幅も広がります。

デザインをして終わりではなく、トラブルが起きたときでも対処が可能というのもメリットの一つで、定期的なメンテナンス業務なども行えるようになると、頼られる存在になれるのです。

webデザイナーがプログラミングの知識を身に着けていると就職のときも重宝します。

近年はIT業界の人材不足も嘆かれており、プログラミングを駆使できるwebデザイナーであればより求められる人材となります。

どちらのスキルも持ち合わせている人が少ないからこそ、プログラミングの分野まで知っていると活躍の幅が広がるのです。

実践で使える!知っておくと良いプログラミング言語3選

それでは具体的に、どのようなプログラミング言語が必要なのでしょうか。

知っておくと良いプログラミング言語をご紹介していきます。

まずはサイト構築にあたり基礎となる言語として“HTML“ “CSS”が挙がります。

Webデザイナーとして活躍したい方はぜひ知っておくべきものです。

次にシステムの構築や管理が行えるものとして“PHP”が挙がります。

上級者向けとも言われてますが、PHPについて知っていると現場でも即戦力として活躍できるはずです。

最後に“JavaScript”が挙がります。

先ほど紹介したHTMLやCSSでは表せないものを表現できるもので、webデザイナーが知っておくべきものです。

これを知っているのと知らないのではデザインの幅に大きな開きが出ます。

これらを使い分けてデザインを構築していきます。

プログラミングを学ぶ方法

プログラミングを学ぶにはプログラミングスクールに通う方法があります。

短い期間でもしっかりとプログラミングについて学べるので、無駄なく力を付けられます。

プログラミングの知識や技術を学べるほかに、就職先などの紹介にも力を入れており、プログラミングを生かした仕事をしたいと考えている人にはぴったりです。

社会人でも通えるところがあるため、自分の今の生活を崩さずに学べるのはメリットです。

プログラミングに特化した学校であれば、言語やソフトなど必要なものをしっかりと学べます。

集団のコースや個別で学べるものなど様々なので、自分に合った学校選びを行いましょう。

サポート体制が整っており、困ったときでも相談ができる環境が整っているところであれば尚良しです。

プログラミングを生かしてwebデザイナーとして活躍の幅を広げる

プログラミングを知らなければwebページを1人で作り上げることはできませんが、プログラミングについて知っていると全ての工程を1人で完結することもできます。

人が関わると仕事の進捗や確認などは相手ありきになってしまいますが、1人で大半を行えると自分のペースで仕事が進めやすくなります。

また、プログラミング技術を持ち合わせている人が少なく人材不足が嘆かれている現代は、プログラミングのスキルを持っていると給料アップも夢ではありません。

企業側もwebデザイナーとプログラマーをそれぞれ雇うよりもプログラミングもできるwebデザイナーに仕事を任せた方が良いのです。

プログラミング技術があるとフリーランスとして働くことも可能です。

webデザインからプログラミングの分野まで一貫して任せられる人は需要も多いので、活躍できるチャンスが広がっています。

まとめ

ここまでwebデザイナーにプログラミングは必要か解説いたしました。

webデザイナーがプログラミングまで使いこなせると、仕事の幅も格段に広がります。

自分のイメージをそのまま反映させることができて、一貫してデザインを行えるのでやりがいもあります。

プログラミングは専門的な内容なので、プログラミングスクールなどで基礎から学ぶのがおすすめです。

短期集中でプログラミングを学べるスクールや社会人でも働きながら学べるスクールもあるので、自分のライフスタイルや学習スタイルに合わせて自分に合ったスクール選びを行うと良いでしょう。

プログラミングができる人物は重宝されるので、webデザイナーとプログラミングの二刀流を持ち合わせていると現場でも活躍できます。

Webデザイナーを学べるのはこの学科