創造的職業人を育成します。

お役立ちコラム

デザイナーが活躍できる業界

デザイナーと言うとどのような職業を思い浮かべますか?
デザイナーと一言に言っても多くのデザイナーの職業が存在します。
そのため職業ごとに活躍できる業界も異なるのです。
今回は、デザイナーが活躍できる業界を紹介します。
デザイナーの種類ごとに活躍できる業界を紹介しているので必見です。

グラフィックデザイナー

出版や印刷、映像、ゲームなどの分野でデザイン制作を行うグラフィックデザイナーは、広告代理店や出版社、制作会社などで活躍できます。

WEBよりも紙ベースの媒体のデザインを行うことが多く、入稿方法も様々なので企業ごとにしっかりと把握しておく必要があります。

WEBデザイナー

WEBデザイナーはサイトのデザインを始め、構成などにも携わり見やすいサイトを作り上げていく仕事です。

WEB制作会社や企業の広報部門、デザイナーとして活躍することが多いです。

システムやプログラミングなどの知識などが必要な高度なものを作り上げることもあります。

デザインだけではなく、プログラミングの知識を持っているとより重宝される傾向があります。

DTPデザイナー

印刷物のデザインを考え制作まで行うのがDTPデザイナーです。

DTPデザイナーは、雑誌や書籍、広告などの印刷物を専用ソフトで作成します。

広告代理店や印刷会社、出版社などで活躍し、複数の案件を受け持つことも少なくありません。

インテリアデザイナー

インテリアデザイナーは、インテリアを通して施設の利用者に心地良い時間を過ごしてもらう手助けをする職業です。

住宅を始め、公共施設や医療機関などの幅広い業界で活躍のチャンスがあります。

住宅などのインテリアデザインは、デザインだけではなく安全性や機能性も考える必要があります。

空間デザイナー

空間デザイナーは空間を生かして人の心に作用するものを作り上げる職業です。

照明やインテリアなど広い範囲を担当する人もおり、会社や能力によって任される分野も大きく異なります。

空間デザイナーは、企業に属しその企業の空間デザインを担当する場合と、デザイン会社で依頼を受けて仕事する場合があります。

ホテルや公共施設、イベント時など様々な業界の空間デザインを担当するので、経験を積むことでデザインの幅が広がります。

フラワーデザイナー

フラワーデザイナーは、冠婚葬祭や大切な記念日などに花で彩りを与える仕事です。

結婚式場やレストラン、イベント時など多くの業界で重宝されています。

人生における貴重な場面に携われるので、非常に魅力的でやりがいのある仕事です。

ゲームデザイナー

ゲームデザイナーは、ゲームに登場するキャラクターやアイテムなどのデザインの他にもストーリーや音楽などの企画、プログラミングを行うこともあります。

ゲーム機メーカーやゲームソフト制作会社などのゲーム業界で活躍します。

他のデザイナーは様々な業界で働くこともありますが、ゲームデザイナーはゲーム業界で働くことが一般的なので、ゲーム好きでゲームに携わる仕事をしたい人にはうってつけの職業です。

カーデザイナー

自動車のデザインを考えるのがカーデザイナーです。

カーデザイナーは、自動車業界で顧客のニーズに合ったカーデザインを行います。

安全性や機能面などデザイン以外の部分も踏まえた上でデザインしていくため、分析力や車に対しての詳しい知識も必要となります。

キャラクターデザイナー

アニメやゲーム、マスコットキャラクターなどのデザインを担当するキャラクターデザイナーは、デザイン制作会社や広告代理店など活躍の場が多岐に渡ります。

特定の会社に勤務し、キャラクターデザイナーとして活躍する場合や独立してフリーランスになるなど、様々な業界に携わり、働き方も幅広い職業と言えます。

ファッションデザイナー

ファッションデザイナーは衣服や靴、バック、小物など身に着けるものをデザインする職業です。

ファッションデザイナーはファッション業界で活躍するものとイメージしがちですが、商社やセレクトショップ、メーカーなど活躍できる業種は幅広いです。

パッケージデザイナー

商品の購入に直結するパッケージのデザインを担当するのはパッケージデザイナーです。

食品や家電など市場に溢れているたくさんのものにはパッケージデザインが存在しています。

企業の専属デザイナーとして活躍する場合とデザイン制作会社などで依頼を受ける場合があります。

様々な業界から依頼を受けることがあるので、面白味があると感じる人も多いです。

ジュエリーデザイナー

ジュエリーのデザインを考えることに留まらず、制作を行うこともあるジュエリーデザイナー。

ジュエリー業界で活躍しますが、インターネットなどの媒体を利用して活躍の場を広げている人も多くいます。

まとめ

ここまでデザイナーが活躍できる業界を紹介しました。

多くのデザイナー職が存在し、仕事内容や活躍の場もそれぞれ異なります。

デザイナーごとの仕事内容と活躍の場の違いを把握しておくと良いです。

自分が目指したいと思うデザイナーはどの業界で活躍できるのか事前に把握しておくと、就職後のミスマッチを防ぐことができます。

どのような業界に携わる仕事がしたいのかを明確にしておくと良いでしょう。

デザイナーを学べるのはこの学科