創造的職業人を育成します。

お役立ちコラム

3Dデザイナーの仕事内容、就職先について

3Dデザイナーの仕事内容はどのようなものか知っていますか?
アニメや映画など3Dデザイナーの手掛けるものは身近に溢れており、日常生活に溶け込んでいます。
今回は3Dデザイナーの仕事内容や就職先について紹介します。
3Dデザイナーになりたいと考えている人は必見です。

3Dデザイナーとはどんな仕事?

3Dデザイナーは、3Dグラフィックスと呼ばれるものを作成する仕事です。

この3Dグラフィックスは幅広い分野で重宝されており、アニメやテレビ、映画、アプリなどの身近なものにも使用されています。

これらを制作しているのが、3Dデザイナーですが、その仕事の幅は広く奥が深いと言えます。

3Dグラフィックスを仕上げるのは1人だけではなく、多くの人が関わっていることが一般的です。

3Dデザイナーは1からデザインを描き起こすのではなく、2Dデザイナーが作成したデザイン画を元に制作していくことからも、仕上がるまでには多くの人が関わっていることが伺い知れます。

3Dデザイナーに向いている人はどんな人?

3Dデザイナーに向いている人の大前提として、細かな作業が好きな人が挙がります。

仕事はパソコンを用いてデザイン作業をしていくため、細かな作業が必須です。

また、人とコミュニケーションを問題なく図れることも3Dデザイナーに向いている要件です。

クライアントから仕事を依頼されることが多い3Dデザイナーの仕事は、仕事を仕上げたとしてもクライアントの意向に沿っていなければ修正依頼を受けることもあります。

仕事の修正は時間や気力も使うので避けたいところですが、そういった意味でもクライアントとの意思疎通が図れるかどうかが重要です。

仕事が仕上がるまでには多くの人が関わっていることが多いと前述しましたが、他の人との連携も必要不可欠なので、コミュニケーション能力がいかに重要か分かると思います。

3Dデザイナーは自分の思いを表現できるので、自分が作ったものを世に出すこともできます。

デザインを考えることが好きな人にとっては、天職とも言える仕事です。

3Dデザイナーになるにはどんな方法がある?

確実に3Dデザイナーになりたいと考えるのであれば、3Dデザイナーになれる知識や技術を学べる専門学校などに通うのがおすすめです。

就職してからも困らないように3Dデザイナーについての知識や技術をしっかりと学べる学校が良いでしょう。

3Dデザイナーになるために、必ず取得しておかなければいけない資格はありませんが、即戦力になる力が求められる職場とも言えます。

資格が必要ないとはいえ仕事内容は専門性が高いので、1から学べる専門学校に通っていると就職時も困らないでしょう。

デザイン力やパソコンを用いてのソフトの使い方は、3Dデザイナーになるには取得しておくべき力です。

3Dデザイナーになるための専門学校であれば、就職のサポートもあるので、就職先を探す際も安心できるのではないでしょうか。

また、3Dデザイナーとして働く上で有利になる資格を取得していると就職時に優遇されることも多いです。

資格の他にもソフトを使いこなせるなど実践で使える力を身に着けておくのも好ましいです。

ソフトによって特性などが異なるので、様々なソフトを使いこなせると、3Dデザイナーとして活躍できる場面も広がります。

3Dデザイナーの就職先とは

3Dデザイナーの活躍の場は幅広いと言えます。

CG技術の発展に伴い3Dデザイナーが手掛ける場面も多く、将来性が期待される職業でもあります。

3Dデザイナーの技術を必要としているのは、エンターテイメント分野のアニメやゲーム、アプリなどの業界に留まらず、広告業界やアパレル業界など多種多様な業種です。

デザイン中心の仕事内容から制作現場の主軸となって働くなど働き方も様々です。

企業によって何に力を入れているか、どのようなものを制作しているかが異なるので、就職先によりけりと言えます。

経験を積んだのちフリーランスとして活躍することもできます。

様々な可能性がある3Dデザイナーは活躍の場の選択肢が多い職業と言っても過言ではありません。

まとめ

ここまで3Dデザイナーの仕事内容と就職先について紹介しました。

3Dデザイナーは自分が手掛けたものがたくさんの人の目に触れる機会がある夢がありやりがいのある仕事です。

近年は様々な業種からも必要とされている技術で、今後も更なる発展が期待できる職業です。

専門性の高い知識や技術を必要とする職業なので、就職してからも即戦力として活躍したいのであれば、3Dデザイナーに特化した専門学校などに通いながら学ぶことをおすすめします。

デザイン技術の他にも、ソフトを使いこなせることや、資格取得をしていると働くときも困りません。

コミュニケーションが必要不可欠な職業なので、円滑に人間関係を築きながらクライアントの意向に沿ったものを再現できる人が3Dデザイナーとして活躍できる人と言えます。

3Dデザイナーを学べるのはこの学科