創造的職業人を育成します。

お役立ちコラム

デザイナーの種類を12種ご紹介!

デザイナーと呼ばれる職業は多く存在します。
今回はデザイナーと呼ばれる職業にどのような種類があるのか紹介します。
デザイナーと一言で言っても、業種や仕事内容も大きく異なるデザイナー。
生活の中にはデザイナーが関わっているものが多く溢れています。
デザイナーの仕事に興味がある人は必見です。

ファッションデザイナー

まず紹介するのはデザイナーと言うとイメージする人も多いファッションデザイナー。

ファッションデザイナーは、身に着けるものをトータルコーディネートしてくれるスペシャリストです。

洋服に留まらず、鞄や帽子、靴、小物など頭の先からつま先までを流行やシーンに併せてコーディネート。

トレンドを先取りして数ある組み合わせの中から新たなものを生み出し、提案できるファッションデザイナーは、美に敏感な老若男女の憧れでもあります。

テキスタイルデザイナー

テキスタイルデザイナーという言葉はあまり聞き馴れないかもしれませんが、ファッションデザイナーが考案したデザインから糸、生地や柄などを決めていきます。

ファッションデザイナーが洋服のデザインを考え、テキスタイルデザイナーがそのデザインから細部に手を施し衣服を作り上げていくと言えます。

ファッションの分野に留まらず、様々な分野でも活躍できるデザイナーです。

ジュエリーデザイナー

ジュエリーは特別な日や日常を華やかに彩る役割を果たしてくれます。

ジュエリーを身に着けていると気分が上がることも多いですよね。そんな特別なジュエリーを自分がデザインし、さらに身に着けてもらえるという喜びとやりがいを感じられる仕事です。

家具デザイナー

家具デザイナーは、どのような家具を作りだすか設計図を作成していきます。

デザイン性や機能性に富んだもの、トレンドなどを総合的に考え家具の製作までを担当する場合もあります。

家具は長く使うことが多いので、長い年月使えるようなものを作り上げていくエキスパートです。

照明デザイナー

照明デザイナーは照明の光を生かして空間をデザインしていきます。

照明は自宅だけではなく、オフィスや商業施設、街頭など様々な場所で利用されています。

イルミネーションなどで感動を覚えた人も少なくないと思いますが、それも照明デザイナーの仕事の一つ。

テレビ制作にあたっても照明が与える効果は大きく、与えたいイメージなどを提供できます。

フラワーデザイナー

フラワーデザイナーはお花をアレンジメントして会場などを飾りつけします。

記念日やイベントなど大切な日に彩りを持たせてくれます。

冠婚葬祭など人生における重要な場面で欠かせない職業でもあります。

WEBデザイナー

WEBデザイナーはインターネットが普及している現代において活躍できるシーンが多い職業の一つです。

調べものをするときにも欠かせないWEBですが、商品情報や利用する施設などの情報はWEBの情報から決めていることも多いです。

WEBデザイナーは閲覧者にとってわかりやすいように、サイトを作り上げていきます。

WEBデザインと一括りにしてもフォントや色味によって与える印象を変えることができるのも面白い点です。

カーデザイナー

自動車は交通手段として利用する人も多いですが、その自動車のデザインを考えるのがカーデザイナーの仕事です。

車購入時は燃費や機能性などの他にデザインで選ぶこともあると思います。

時代の変遷やトレンドなどから購入者が求めるようなデザインを考えていく職業です。

雑貨デザイナー

雑貨は生活をより豊かに過ごすために一役買ってくれますが、その雑貨のデザインを考えているのが雑貨デザイナーです。

雑貨のデザインの他に、使いやすいもの、安全面なども考えながらデザインしていきます。

数多くの雑貨店が軒を連ねており、雑貨の需要の高まりからも今後も活躍が期待できる職業です。

建築デザイナー

さまざまな建築物をデザインするのは建築デザイナー。

近年では公共施設などもデザイン性に富んでいるものが多くあります。

建築物は長く利用されるものなので、使いやすさや馴染みの良さ、シンボルとしての魅力は建築デザイナーの腕にかかっており、自分がデザインしたものが長く愛されていると感じられる魅力的な職業です。

パッケージデザイナー

食品や日用品などの商品にはパッケージがついていますよね。

このパッケージをデザインしているのがパッケージデザイナーで、商品選びのときにもパッケージは買い手に多くの影響を与えます。

購入したくなるようなパッケージデザインを考える仕事です。

インダストリアルデザイナー

電化製品などの工業製品のデザインをするのは、インダストリアルデザイナーです。

製品のデザインを考えるには、製品が問題なく機能できるかどうかなども考えなければなりません。

そのため、製品についての知見を持ち合わせており、様々なことを考慮しながらデザインする力が求められる職業です。

まとめ

ここまでデザイナーについて12種類紹介してきました。

世の中にはたくさんのデザイナーと呼ばれる職業が存在しています。

デザイナーが手掛けたものは多く存在します。デザイナーは自分がデザインしたものを多くの人に利用されるチャンスがある特別な職業でもあります。

デザイナーを学べるのはこの学科