創造的職業人を育成します。

お役立ちコラム

映像クリエイターとは

映像クリエイターとはどのような仕事かご存知でしょうか?
日常には多くの映像が溢れており、人々の心に残るものもあります。
今回は、映像クリエイターはどのような仕事か紹介します。
映像クリエイターの仕事に興味がある人、なりたいと思っている人は必見です。

映像クリエイターとはどのような職業?

身近にある映像と聞いて想像するものには、テレビやゲーム、アニメーション、Webコンテンツなど様々なものが浮かぶと思います。

これらの映像制作などに関わっているのが映像クリエイターと呼ばれる職業です。

映像クリエイターと一言に言っても、プロデューサーやディレクターと呼ばれる制作分野を担当する人達と、CGクリエイターや音声などの技術分野を担当する人達の大きく2つに分けられます。

どちらも映像に関わる仕事ではありますが、仕事内容はそれぞれ異なります。

映像クリエイターの仕事内容をご紹介

映像クリエイターは大きく2つに分かれると前述しましたが、それぞれの仕事内容を紹介します。

まず、制作分野を担当する仕事は、どのような企画にするかを考え、映像制作に必要な資金調達、どのようなキャストを起用するかなどを考えるいわば現場監督のような役割です。

計画がしっかりしていなければ作品を作り上げることができないため、非常に重要なポストです。

どちらかと言うと、スキルを持っているというよりも結果をいかに残せるかが重要なため、結果を残せたら実力を認められる世界でもあります。

一方技術分野を担当する仕事は、専門的なスキルを生かして映像の制作や編集などを行い、作品を実際に作り上げていきます。

CGや音声、編集など担当する分野も細かく分かれており、作品作りを直に体感しながら仕事ができるのです。

映像クリエイターに向いている人の特徴

映像クリエイターは行動力のある人が向いています。

良い作品にするためにどのように工夫したら良いか考え、あらゆる手段を試行錯誤しながらより良いものを作りあげるなど、行動力がなければ納得のいく作品に仕上げることができません。

映像を作り上げるには、様々な分野の人たちが一丸となって取組むため、コミュニケーションをとりながら作品に向き合っていきます。

相手が伝えたいことを適切に把握し、自分が伝えたいことを分かりやすく伝える力がなければ難しい仕事です。

また、向上心を持ち合わせている人は向いています。

さらに良いものにしようという気持ちがなければ、人を感動させ、記憶に残るような作品を作り上げることは不可能と言っても過言ではありません。

たくさんの人達の熱い想いや向上心があるからこそ、人々の記憶に残る映像作品が仕上がるのです。

映像クリエイターとして働く魅力

映像クリエイターは、何度もやり直したり、練り直したりと根気がいる場面も多くあります。

しかし時間や労力を費やしたからこそ、作品が出来上がったときの達成感はひとしおです。

自分が作りたいと思っているものやアイデアをカタチにできるので、やりがいを感じられます。

映像は多くの人の目に触れる機会もあり、自分が手掛けて携わったものが世に出るので、自分の仕事の成果を多くの人に知ってもらえるというのも大きなやりがいの一つです。

自分の携わった仕事が多くの人の目に触れるというのは、なかなかありません。映像クリエイターは、そのような意味でも魅力的な仕事と言えます。

映像クリエイターになるには?学校で学ぶのがおすすめ

映像クリエイターになるには、独学で学ぶ方法と専門学校や大学など映像系の学校に通う方法があります。

独学で学ぶ方法は学校で学ぶよりも費用を抑えることができます。

資格取得に向けての勉強やコンテストに応募するなどして映像クリエイターの夢を掴むこともできますが、映像系の専門学校などに通うと現場で必要な知識や技術を一から学ぶことができます。

専門的なスキルが必要な映像クリエイターの仕事を選ぶ場合は、学校でしっかりと基礎から応用まで学ぶことをおすすめします。

学校であれば資格取得や就職をサポートしてくれるところも多いです。

悩みがあればすぐに相談できる環境が整っているので、不安なく映像クリエイターを目指していけます。

自分で就職先を探すのは難しい場合も多いため、テレビ局や制作会社などに就職したいと考える人は学校で学ぶ方が良いでしょう。

まとめ

ここまで映像クリエイターとはどのような仕事か紹介しました。

映像クリエイターは、映像作品を手掛け、直接作品に携われるのでとてもやりがいがある仕事です。

より良い作品が出来上がるまでには、何回も試行錯誤しながら考えていくことが必要なので、根気のいる仕事でもあります。

しかし、人々の記憶に残る作品を作り上げることができたときの達成感は大きなものです。

映像クリエイターは、専門的な知識やスキルがあった方が仕事の幅も広がるため、映像について専門的に学べる専門学校などに通うのもおすすめです。

結果を残すことができれば実力でトップを目指すことも夢ではありません。

映像クリエイターを学べるのはこの学科