創造的職業人を育成します。

お役立ちコラム

メディアクリエイターになろう

メディアクリエイターがどのような職業か知っていますか?
今回は、メディアクリエイターがどのような職業なのか、どのようにしたらなれるのかを紹介します。
メディアクリエイターの仕事に興味がある人は必見です。

メディアクリエイターとは

文字、音声、映像、静止画、音楽など複数の媒体(メディア)を総合したものをマルチメディアと呼びます。それらを組み合わせて作られたソフトをマルチメディアソフトと言いますが、マルチメディアソフトを企画・制作するのがメディアクリエイターです。

パソコンやゲーム機、DVDプレイヤーなどがマルチメディアソフトにあたります。

デジタルメディアを用いてデジタル情報を誰にでも分かりやすいコンテンツにするために企画の段階でどのようなものを作り上げるのか細かくイメージを決めて、問題なければ制作へと移ります。

マルチメディアソフトの制作は専門家がそれぞれ映像や音楽などのデータを制作するのが一般的ですが、以前は1人のメディアクリエイターがこれらの作業を受け持っていたというから驚きです。

出来上がったそれぞれのデータを組み合わせて仕上げていきます。

メディアクリエイターになるにはどのような方法がある?

メディアクリエイターになるには、美術系の大学に通うか、メディアクリエイターを輩出している専門学校に通う方法があります。

美術系の大学であれば、メディアクリエイターだけではなくその他にも幅広い選択肢があるため、学んでいくうちに他のことを学びたいと思っても方向転換が可能です。

メディアクリエイターに特化した専門学校であれば、メディアクリエイターになるために必要な知識やスキルを身につけられます。

テレビや映像制作会社などの業界を目指すべく映像編集やCGデザイナーなどの科目を学ぶこともできます。

最新の機材や設備が備え付けられている学校であれば、就職後も現場で慌てずに機材等を使うことができ即戦力となれることも。

メディアクリエイターに必要なことを学べるので、しっかりと着実に力をつけることができます。

また、社会人になってからメディアクリエイターの仕事に興味を持った方でも学べる環境が整った学校もあります。

働きながら学べるので、学費を稼ぎながら負担なく学べるのが魅力です。

メディアクリエイターになりたいと志したら、やる気さえあれば社会人になってからでもメディアクリエイターになることは可能です。

また、テレビ局や映像関係の会社でアルバイトや派遣社員として働きながら下積みをしてキャリアを積んでいく方法もあります。

メディアクリエイターとして経験を積んだら会社に属さずにフリーランスとして活躍する手段もあります。

実績やスキルがなければフリーランスで活躍することは難しいため、まずは企業で実際に働きながら様々なことを修得していくことが一般的です。

メディアクリエイターになるために必要な資格はある?

メディアクリエイターになるために必ず取得しておくべき資格はありませんが、取得しておいた方が有利な資格は以下です。

  • CGクリエイター検定
  • CGエンジニア検定
  • マルチメディア検定
  • 映像音響処理技術者資格認定試験

CGクリエイター検定は、2次元CGと3次元CGなどの知識を保有していることを示す検定です。

CGがどのようなものなのか、映像作品を作るための制作手順やハードウェアなどの知識、著作権などについてしっかり把握しているかを表す資格です。

CGエンジニア検定は、アニメーションや映画、ゲーム、アプリなど幅広い活用分野がある資格です。

画像処理、ソフトウェアといった映像の様々な表現方法などを持ち合わせていることを表す資格と言えます。

マルチメディア検定は、マルチメディアがどのようなものか、インターネットサービス、メディアの処理技術能力などを取得していることを表す検定です。

映像音響処理技術者資格認定試験は、映像や音響業界で働くときに知っておくと良い知識や技術が詰め込まれています。

映像、編集、音響の基礎やコンピュータについてなど実践で重宝する内容です。

これらの資格は働く上でアピールできる他、必要な知識などを学べるので取得をおすすめします。

資格の他にはコンテストなどの入賞経験などの経歴があると就職時にも有利に働きます。

メディアクリエイターは将来性がある職業

現代はネット社会で映像や音楽などで多くのものを作りだすメディアクリエイターは今後も大いに活躍ができる職業と言えます。

AIの発達により、人間ができる仕事が減ってきたと言われる中でもエンターテイメントなどを作りだすメディアクリエイターは、AIなどが参入することが難しい分野です。

時代の流れなどに併せ様々なものを創りだせるメディアクリエイターは、便利さや面白さを提供できるスペシャリストとしてこれからの発展も期待されます。

まとめ

ここまでメディアクリエイターについて紹介しました。

メディアクリエイターは、人々が楽しめるものを提供してくれるスペシャリストです。

メディアクリエイターになるには、音声や映像の編集や企画や制作などについて深く知っている必要があります。

そのためには、メディアクリエイターとして活躍するのを手助けしてくれる資格取得を目指すと良いでしょう。

メディアクリエイターを学べるのはこの学科