将来の仕事

エディトリアルデザイナー

雑誌や本などの出版物の誌面デザインから、ブックデザイン(装幀や本全体のデザイン)、商品パンフレットなど、冊子の誌面デザインを中心にしたグラフィックデザインの一分野です。
タイトルや小見出し、本文、写真などを機能的に読みやすく美しい形にまとめあげるのが仕事です。

エディトリアルデザイナーになるには、こういうことを学びます

エディトリアルでは、基本となる文字から、紙、誌面レイアウト、ページの流れ、本のつくり、印刷などについて学びます。また、知識だけでなく感性や創造力も必要です。
さらに作成するためのグラフィックソフトやレイアウトするための特別なソフトのスキルも必要になります。
実際にはソフトを使いながら演習や実習を通し、技術や感性を身につけていきます。

この職種のやりがい

出来上がったときの達成感、そしてデザインした本や雑誌が店頭に置かれ、読まれているのを見るときは嬉しいものです。
本にクレジット(名前)がでるときもあります。 努力すればさらにレベルアップが望めます。

エディトリアルデザイナーの実務とは

編集者やクライアントと共に書籍や雑誌、パンフレットなどのページ構成や誌面について話し合い、目的にあった誌面のデザインを考えます。作業としては編集者やコピーライターが作った文章を読みやすく美しく組むという作業をします。(書体、大きさ、行幅、行間のスタイルを考えます)
また、素材としてカメラマンやイラストレーターに指示をだし、出来た写真やイラストは加工・配置を行ない、印刷する前の段階のデータまで作ります。

資料請求はこちら