2017年に創立60周年を迎えます。

将来の仕事

少年漫画家

漫画を読んでくれた少年をスカッとした気持ちにさせること。
リアルな男子と理想の女子、又は理想の男子と記号の女子を描いたりします。読者にちょっと背伸びをさせたり、自分の子供の頃を思い出させたりすることも大切な要素です。
また、たくさんの調べものも必要になります。

少年漫画家になるには、こういうことを学びます

趣味の数だけ少年漫画のジャンルがあると思います。
なので好奇心旺盛に色々な事に取り組むと良いと思います。
また、流行だけでなはなく子供が(人間が)根源的に好む研究。また、流行だけでなはなく子供が(人間が)根源的に好むであろうモノやコトの研究も大事です。

この職種のやりがい

子供の頃、自分が漫画から勇気や元気をもらった事を今度は自分が与えられるのが嬉しく思います。
興奮、悲しみ、怒りなど漫画を読んで色々な感情になってもらえたら「やったぜ!」と思います。

少年漫画家の実務とは

少年漫画は週間連載が多いです。
1週間で、漫画を完成させます。作画時間が短いので、キャラクターをデフォルメしながら、大胆な構図で作画します。
派手な絵で少年の心をつかむため、漫画家は頑張ります。