将来の仕事

アートディレクター

グラフィックデザインの分野でアートディレクターとは、視覚伝達(ビジュアル・コミュニケーション)を企画、統括、監督する役割になります。
CMやポスターなどの広告や宣伝、書籍の装幀、パッケージや店頭キャンペーンなど、デザインの構成要素(構成、色彩、文字、写真など)が多いものほど、グラフィックデザイナーや写真家などその仕事に関わる人たちも増えていきます。
そういったクリエーターたちへ統一されたイメージを的確に伝え、コントロールするともに、注文主であるクライアント(顧客)の要望を具現化していきます。

アートディレクターになるには、こういうことを学びます

視覚的表現の要素は全て学びます。画面構成、色彩、デッサン、画材効果、写真、タイポグラフィー、イラストレーション、印刷、紙の知識、DTP、WEB、動画などです。
また媒体への知識として、TVCMや新聞、WEBなどの広告、舞台等の宣伝美術、書籍、パッケージ、店頭ツール、グッズやステーショナリーなどです。
常に新しい表現方法や現代社会の動向へアンテナをはり、クライアントの要望実現だけでなく、問題解決策としてのディレクションをするといったことにつながっていきます。

この職種のやりがい

宣伝等のキャンペーンによってはビルや駅を丸ごとデザインしたもので彩ることもあります。
その間は、風景を変えることができるとも言えます。

アートディレクターの実務とは

企画、立案、運営といった仕事の全般に携わります。
クライアント、制作、進行などがチームとなって案件を進めていくので、コミュニケーション力はもちろん、分析的かつ総合的な視点が求められます。

資料請求はこちら