2017年に創立60周年を迎えます。

将来の仕事

グラフィックデザイナー

簡単に言うと主に印刷物の企画やデザインをする仕事です。
しかし、現在ではWebや映像等、印刷物以外にも広がっています。
企業のマークをはじめ広告分野では、ポスターやチラシ、パンフレット、雑誌・新聞広告、商品パッケージ、CMなどが、さらに広報誌や本、雑誌などの出版物まで幅広くあります。

グラフィックデザイナーになるには、こういうことを学びます

グラフィックのデザインをするには、デザインの考え方、印刷から文字、写真、イラストの知識、そしてそれを企画(目的)に合わせてデザインするノウハウと感性が必要です。
また、それを作成するコンピュータソフトのスキルも必要になります。一般的にはこのような基礎的なことをふまえ実践的な演習や実習を学校で学んだあと、デザイン事務所などで経験を積みながらキャリアを伸ばします。

この職種のやりがい

自分が関わった広告物や商品が駅や店頭に並んだときは嬉しいものです。
そしてクライアントや上司、さらには社会から評価されたときはなおさらです。

グラフィックデザイナーの実務とは

グラフィックデザイナーの仕事は多岐にわたります。広告やポスター、書籍や雑誌の表紙のデザイン、CDジャケットや店舗の看板など様々です。クライアントから依頼を受け、企画をしっかり理解しデザインを作成しますが、制作物によっては、イラストレーターやコピーライターなどとチームを組んで制作をすることも多々あります。
デザイン事務所や、それぞれの会社でデザイナーとして経験を積んだ後にフリーとして独立したり、自分でデザイン事務所を立ち上げたりする人もいます。