将来の仕事

絵師

多くは、イラストレーションとしての仕事になります。
アナログ媒体としては、小説、ライトノベルなどの表紙や挿絵、キャラクターグッズやステーショナリーなどへ商品化、ポスターなど広告メディアへの登用などがあげられます。 デジタル媒体としては、携帯小説の表紙や挿絵、ゲームのキャラクター、壁紙や素材集、WEB広告や動画広告への需要も高まっています。

絵師になるには、こういうことを学びます

絵に対することであるなら、描き方などのテクニック、紙などの支持体への知識、アナログ画材(アクリル絵具、透明水彩、パステル、ペン、コピック、色鉛筆など)、デジタル画材(Adobe Photoshop/Illustrator、ペイントツールSAIなど)、デッサン、画面構成、色に関する知識、印刷に関する知識などです。
仕事に対することでは、自分が活動する業界、プレゼンテーションの仕方、作品の展示方法や保管方法、言葉使いや挨拶などの礼儀作法などです。現代社会への自分のアプローチを考えておくことも絵を描く事に大切なことでしょう。
また、デジタル中心で仕事をするつもりなら、自分の絵が再現されるモニター表示やPCのシステムについても最新の知識がその都度必要となってきます。

この職種のやりがい

自分の描いた絵をみて誰かが喜んでくれる、書籍の装丁や商品化などで自分の絵が店頭に並ぶ、ファンの人からメールが届くなどです。

絵師の実務とは

イラストレーションとしての仕事の場合は、クライアントやデザイナー、ディレクターとの打ち合わせ、ラフ提案、本制作、調整、納品、商品化という流れです。
デザインレイアウトや入稿作業に関わることもあります。フリーランスの場合は、経理や営業も実務に含まれます。

資料請求はこちら