将来の仕事

ガラス作家

ガラス作家として作品を発表し、公募展等に出品する等、作品と名前を世間に知ってもらう事が重要です。個展やグループ展、企画展、デパートでの販売もします。
作家も器やオブジェ、アクセサリー等様々なアプローチで活動しています。
またガラス工場でデザイナーや職人として働く事も可能です。

ガラス作家になるには、こういうことを学びます

五感を意識した実験を通じ、素材の可能性や造形感覚を向上させます。素材に歩みより、対話して特性および可能性を追求します。
吹きガラスは技術がないとデザインした形にする事が難しい素材なので、技術習得の為に様々なカリキュラムをこなし、技術向上を目指します。
オリジナリティーのある作品を制作できる視野を広げるアプローチもします。

この職種のやりがい

お客様に喜んで頂いて作品を購入してもらった時は大変やりがいのある仕事です。
使って頂いた方から喜びの声を聞くと作家みようりに尽きるところです。吹きガラスは制作中は大変暑い環境ですが良いものが出来て仕事が終わった後は格別です。

ガラス作家の実務とは

ガラスを扱う職業としては様々あります。
工場勤務の職人、プロダクト商品をひたすら型吹きをする、またチームによる流れ作業をしクオリティーを上げていく仕事です。
体験工房のスタッフとしては沢山のお客様を楽しませ吹きガラス体験をしていただく仕事です。
作家としては注文品や展示会等にて作品を見ていただいたり、買っていただく夢のある仕事です。
それぞれの仕事としては現実厳しいですが大変やりがいのある実務だと思います。

この職種が学べる学科

資料請求はこちら