将来の仕事

家具デザイナー

家具デザインは、メーカーやクライアントから依頼されたイスやソファ、テーブルなどの脚物家具、キャビネットやチェストなどの箱物家具を考え、設計、見積もり、発注して具体的な商品という形にして世の中に送り出します。
家具そのものを単体として考えるのが仕事と思われがちですが、家具は人が生活で使う道具なので、目に見える色や形だけが重要なのではなく、あくまで使う人とそれが置かれる環境とを中心に捉えて、生活スタイルの提案であったり、家具と環境の調和など、その 空間をデザインする、という事が仕事であるといえます。

家具デザイナーになるには、こういうことを学びます

家具デザイナーになるには、デザインの基礎となる発想力や造形力について学びますが、その他にも、素材や技術、構造・寸法設計、製図技術を学びます。
これらはそれぞれつながりを持っており、人が快適にかつ安全に座ったり、使いやすくて機能的な家具をデザインするには、使う素材の性質やその加工技術、丈夫であるための構造、人の体に適した寸法、作りたい形を他人に伝達するための図面、といった事を相対的に学び、アイデアを具体化できる能力を養う事が大切です。

この職種のやりがい

デザイン活動は、世の中にはない新しいものを生み出す、という楽しさがありますが、特に家具では、木、金属、硝子、樹脂、石、布など使う素材が多岐に渡りますので、仕事の度ごとに新たな素材や加工技術と出会うというようなおもしろさがあります。
また、家具作りは、デザイナー一人で仕事をしているのではなく、それらの素材を加工してくれる技術者の協力があってはじめて完成する共同作業なので、作り手との密接なコミュニケーションを重ねながら、お互いを信頼し合い、支え合うことで仕事が成り立っているんだな、ということが実感できるのもやりがいのひとつです。

家具デザイナーの実務とは

家具デザイナーの仕事は依頼主との打ち合わせから始まります。
その中で、相手がどんなモノ、あるいはコトを求めているかをヒアリングして持ち帰り、様々なアイデアを出しては検討しながら、2または3プランに案を絞ります。そしてそれらをイメージスケッチや図面、スケールモデル、デザインボードなど目に見えるかたちにまとめ上げたものを依頼主にプレゼンテーションして、受注の有無を得る、というのが主な実務内容です。受注後は製造の途中経過をチェックしながら完成までを見届けます。
非常に頭を使う仕事ですが、依頼の度にアイデアを出す事や、プレゼン資料準備に膨大な時間を費やしますし、依頼先や取引業者への行き来も多いため、体力勝負な面もあります。

この職種が学べる学科

資料請求はこちら