将来の仕事
ガラス作家

ガラス作家ってどんな仕事?

ガラス作家はグラスや皿などの食器から、花瓶やランプシェード、アクセサリーまで、さまざまな工芸品をガラスで創りだす人のこと。芸術的なセンスや技術はもちろんのこと、吹きガラスの場合には高温の作業場で制作することになるため体力も求められます。個展やグループ展、公募展などに積極的に出品し、作品を認めてもらい、知名度を上げることが成功の鍵となります。

自分の手が生みだした作品を購入してもらえる喜び

制作チームに対する指示・管理だけではなく、クライアントとの交渉や納期・コストの管理などもアートディレクターの仕事。プロジェクトのすべてを一貫して管理する責任者の存在があってこそ、コンセプトがぶれることなく、クライアントの要望を具現化することができます。そのため、アートディレクターには視覚的表現に関する知識はもちろん、コミュニケーション能力や分析的、かつ総合的な視点も求められます。

ガラス作家になるために学ぶべきこととは

まずは素材としてのガラスの特性・加工法・利用法や造形的な表現力を学ぶとともに、異種素材との組み合わせ、型や環境の研究など、高度で総合的なアプローチにより素材の造形的な可能性を追求しておきたいもの。技術の習得には長い時間を必要としますが、ネットショップの普及により、専門の学校を卒業してすぐに作家として活躍する人も登場するようになっています。

《 ガラス作家の仕事 まとめ 》

  • 吹きガラスの場合、高温で柔らかくしたガラスに息を吹き込み、宙吹きや型吹き鋳造などの技法を駆使して作品をつくる
  • 成型したガラスにカットや彫刻、サンドブラスト、エナメリングなどの加飾技法を用いて制作する作品もある
  • ショップ併設型の工房で、作品を販売しながら体験教室を開催する人も多い
  • ネットショップで自分の作品を紹介し、販売することも可能

ガラス作家になるために「日本デザイン福祉専門学校」で学ぶ

クラフトデザイン学科 造形基礎実習VI(造形素材2)
土・ガラスといった造形素材に対して実験や造形制作を行います。全感覚を生かした作業と観察を行うことで各素材の特性・加工法・利用法や造形的な表現力を学ぶとともに、異種素材との組み合わせ、型や環境の研究など、高度で総合的なアプローチにより素材の造形的な可能性も追求します。

クラフト学科 デザイン演習IV(モノ・コトのデザイン)
「商空間、非生活空間」「遊びとゆとり」「生活とアート」をテーマに、イベント企画や商品企画を行い、雑貨デザイン、パッケージデザイン、ディスプレイデザインなどモノやコトのデザインを具体的な課題制作を通して行います。
特にグループによるプロジェクトを実施しその在り方を模索します。

クラフトデザイン学科 創作研究時間
工房の空き時間を使用して授業課題制作の続きや、自分の作りたい作品を作ることができます。

NDCの卒業生はこんな活躍をしています!

好きなアクセサリーをずっと作り続けるための戦略を立てました。

ガラス工芸作家 稲山 貴栄

詳しく見る