将来の仕事
アートディレクター

制作スタッフを牽引するチームリーダー

広告制作など、グラフィックデザインにおけるプロジェクトを進める際、デザイナーや写真家、コピーライターなど、多くの専門家が集まってひとつのチームを組んでその仕事に取り組みます。そのプロジェクトを企画・統括・監督する責任者がアートディレクターです。それぞれのクリエイターの仕事をきちんと理解したうえで、統一されたイメージをチーム全体に伝え、リーダーとしてまとめていくのが仕事です。

アートディレクターに求められる能力とは

制作チームに対する指示・管理だけではなく、クライアントとの交渉や納期・コストの管理などもアートディレクターの仕事。プロジェクトのすべてを一貫して管理する責任者の存在があってこそ、コンセプトがぶれることなく、クライアントの要望を具現化することができます。そのため、アートディレクターには視覚的表現に関する知識はもちろん、コミュニケーション能力や分析的、かつ総合的な視点も求められます。

学ぶべきことは多岐にわたる

アートディレクターは制作全般を取りまとめる役割を担うため、画面構成や色彩、デッサン、画材効果、写真、タイポグラフィー、イラストレーション、印刷、紙の知識、DTP、WEB、動画まで、視覚表現の要素をすべて学ぶ必要があります。また、TVCMや新聞、WEBなどの広告、舞台等の宣伝美術、書籍、パッケージ、店頭ツール、グッズやステーショナリーといった媒体に関する知識も身に着けておきたいもの。流行や新たな表現方法などに常にアンテナを張ることも、クライアントの要望を実現し、優れた作品を生み出すことに繋がります。

《 アートディレクターの仕事 まとめ 》

  • クライアントとのヒアリングで先方の要望をしっかり把握し、コンセプトを固める
  • グラフィックデザイナーやライターなど、仕事の内容に適したスタッフを揃える
  • クライアントの要望や自分の意見をチームに伝え、企画の方向性を決め、クライアントへプレゼンを行い、合意を得たら、制作に取り掛かる
  • 全体のディレクションを行い、何度もチェックして、クライアントのOKをもらう

アートディレクターになるために「日本デザイン福祉専門学校」で学ぶ

グラフィックデザイン学科 グラフィックデザイン専攻 造形基礎実習III(基礎造形1)
形を造り出す基本的な諸要素「点、線、面」から「色、形、質感」の知識とその造形要素を視覚、構造、力学的に合目的に組織だて、統合的に融合させる様々な構成原理と平面構成の基礎トレーニングについて手作業を中心とした制作で学んでいきます。

グラフィックデザイン学科 グラフィックデザイン専攻 造形基礎実習VI(アートワーク2)
表現技法で用いる様々な画材、用具を使い、イラスト、絵画、現代アートの表現方法や展開を学び、具象から抽象表現までの造詣を深め、コンピューターで再現されるマチエールやツール特性の本物に触れる経験を通じて、デザイン表現でのオリジナリティと創造的感性を広げていきます。

グラフィックデザイン学科 グラフィックデザイン専攻 分野別総合実習II
写真撮影を学ぶ授業です。専用のフォトスタジオで自ら撮影します。

NDCの卒業生はこんな活躍をしています!

キッカケはSNSに投稿したイラストです。

イラストレーター まるやまひとみ

詳しく見る

劇場版「TIGER&BUNNY-The Rising」の美術監督で、話題の「山賊の娘ローニャ」の製作にも参加。

美術監督 大久保 錦一

詳しく見る

何でも知りたい。
好奇心が「旅」の達人に。

イラストレーター Kuma*Kuma

詳しく見る

ニューヨークで個展を開催。
悩みに悩んだ末に出てきたアイディアが線画です。

細密線画アーティスト TAKORASU(小出 誉幸)

詳しく見る

「モビール・クリエイション」の授業をキッカケに子供のおもちゃを作りたいと思うようになりました。

ヨシリツ株式会社 商品企画チーフ 菊地 誠

詳しく見る