将来の仕事
ホテルマン・ホテルウーマン になりたい!

  • 何よりもお客様の満足度を第一に考えられるのが、ホテルマン・ホテルウーマン。
  • 多岐にわたるホテルの仕事について学びながら、実践的なスキルの習得が就職への近道。
  • 海外からのお客様を迎えるために語学力も求められる。

どんな仕事?

お客様に快適に過ごしてもらうために、技術を磨く

ホテルマン・ホテルウーマンが、最も大切にしなければならないのは、滞在されるお客様に快適に過ごしてもらうことです。ホテルの仕事には、「宿泊」「料飲」「宴会」「管理・営業」「調理」といった5つの部門があります。それぞれの部門によって、求められるスキルには違いがあります。コンセルジュやフロント係、クローク係といった接客部門では、ホスピタリティやお客様のリクエストに柔軟に応える高度な接客技術。管理・営業部門では、マネジメント力や企画マーケティングの際に必要となるイベントプランイング能力、広報担当者にはホテルの様々な魅力を広く伝えるPR力などが求められます。

どうすればなれる?

おもてなしの技術を身に付け、自分に合ったホテルを探す

ひと口にホテルと言っても、それぞれのホテルによってホスピタリティや経営方針も変わってきます。そのため、専門学校などで接客技術やホテル経営に必要なマネジメント力を身につけると同時に、自分に合った職場を探すためにもインターンシップといった制度を利用して、実際にホテルの現場でホテルマン・ホテルウーマンの仕事を体験することも大切です。

どんな資格・スキルが必要?

実践的な経験が“即戦力”として評価される

ホテルマン・ホテルウーマンになるために必要な特別な資格はありません。ただ、インバウンド需要の高まりにより、海外から日本を訪れるお客様に対応できる語学スキルが求められています。また、大卒よりも実践的な仕事のノウハウを学ぶホテル系の専門学校卒の人材を即戦力として歓迎するホテルも増えています。そのため、学生時代にホテルでのバイト経験があることや、学校のカリキュラムでホテル実習を経験できることも就職活動の際には有利に働きます。学校選びの際には、実習やインターンシップの有無を確認することもおすすめします。

この仕事に向いている人

  • お客様からの「ありがとう」の言葉を大きな励みにできる人
  • おもてなしをすることが好きな人
  • ホテルの魅力を上げる企画力や商品力を考えることが好きな人

ホテルマン・ホテルウーマンになるために「日本デザイン福祉専門学校」で学ぶ

ホテル観光学科 ホテルマネージメント
ホテル経営に必要な管理手法について、「企業理念」「ホテルコンセプト」「経営管理」「組織」「ホスピタリティ」「安全・安心」といった視点からマネジメントしていく考え方について学びます。

ホテル観光学科 コンシェルジュ総論
コンシェルジュとは、お客さまのあらゆるリクエストに対応する接客のプロフェッショナルです。
観光や交通の各種予約・確認などの手続きをはじめトラブルの解決など、ゲスト・リレーションズの実践について学びます。

ホテル観光学科 おもてなし論
心のこもったおもてなしができるホスピタリティ力を養うための科目です。喜びや感動を与えることで自身も喜ぶことができるホスピタリティの精神について学びます。

NDWCの卒業生はこんな活躍をしています!

  • ホテルマンの多彩な仕事を紹介しましょう

    かどやホテル ホテリエガイド
    豊田 純生さん

    詳しく見る