将来の仕事
ホテルコンシェルジュ

お客様のどんなリクエストにも応えるサービスのプロ

ホテルコンシェルジュとは、飛行機や新幹線のチケットの手配や観光案内、さらには病院の手配まで、宿泊しているお客様のありとあらゆるリクエストに応えるサービスのプロフェッショナルです。ホテルの利用客は国籍も年齢も利用目的も千差万別。そのため、100人のお客様がいれば、100通りの要望があります。なかには風変わりな注文や難しい要求を突き付ける利用客もいますが、コンシェルジュはお客様からの要望は一切断らないと言われています。どんなリクエストでもたらいまわしにせず、万が一、お客様が希望したレストランが満席だった場合には、同等のレストランを手配するなど代替案を用意して、お客様に満足してもらえるように最大限の努力をするのがコンシェルジュの仕事です。

観光業にとどまらない幅広い知識が必要

一流のコンシェルジュは、ホテルの価値を高めるとまで言われていることから、海外の高級ホテルでは支配人と同等の厚遇を受けるとも言われています。「フランス語の通訳を大至急手配して」「取引先の社長の奥さまへのプレゼントを2時以内に用意して」「一流レストランの予約をお願い」──。そんなさまざまなリクエストに一元的に対応するには、各方面に人脈を持ち、豊富な知識が必要です。もちろん、海外のお客様にも対応できる語学力や外国の生活文化・食習慣への理解、交通情報、ホテル周辺の観光情報は最低限身に着けておくこと。さらにはきめ細やかな気配りや柔軟な対応力も求められます。

ビジネスマナーやコミュニケーション能力を身に着けよう

この仕事をするためには、大学や専門学校の観光学部や社会学部、商学部で観光学を学んでおくといいでしょう。旅行や観光に関する専門知識のほかに、実務に欠かせない接客応対のビジネスマナー、お客様や交通機関・宿泊施設の担当者とスムーズにコミュニケーションが行える力が求められます。また、ヒアリングでお客様の要望を的確に捉える語学力も必要です。ホテルに就職してからは、フロント業務などで接客の経験を積んでスキルを磨き、コンシェルジュを目指します。

《 ホテルコンシェルジュの仕事 まとめ 》

  • 困っているお客様がいないか日頃からフロアに目を配る
  • お客様からリクエストがあったことに関しては、他の部署に回さずに自分で対応
  • 列車やバス、飛行機等の乗り物の手配、レストランの予約、観光案内などの業務が多い
  •  

ホテルコンシェルジュになるために「日本デザイン福祉専門学校」で学ぶ

ホテル観光学科 ホテルマネージメント
ホテル経営に必要な管理手法について、「企業理念」「ホテルコンセプト」「経営管理」「組織」「ホスピタリティ」「安全・安心」といった視点からマネジメントしていく考え方について学びます。

ホテル観光学科 コンシェルジュ総論
コンシェルジュとは、お客さまのあらゆるリクエストに対応する接客のプロフェッショナルです。
観光や交通の各種予約・確認などの手続きをはじめトラブルの解決など、ゲスト・リレーションズの実践について学びます。

ホテル観光学科 おもてなし論
心のこもったおもてなしができるホスピタリティ力を養うための科目です。喜びや感動を与えることで自身も喜ぶことができるホスピタリティの精神について学びます。

NDCの卒業生はこんな活躍をしています!

仕事はさまざまです。何でもできる人間になりたいので知らない事はすぐ調べ、柔軟に対応できるように知識を増やしています。

浅草ビューホテル 販売促進・顧客管理 金丸 洋美

詳しく見る