将来の仕事
原型師(モデラー)

平面データから立体像をイメージできる力が必要

原型師とは、アニメやゲームのキャラクターのフィギュアや玩具、模型、工業製品などの試作品やプロトタイプ、または量産化するための原型を製作する職人のこと。そのため、イラストや設計図といった平面のデータから3Dをイメージする力が求められます。フィギュア制作の場合などは、樹脂などの造形素材を駆使して、精巧さだけではなく「魅力的な表現」も要求されます。

拡大するアニメフィギュアの市場

原型師のなかでも特に注目を浴びているのが、サブカルチャー人気を反映して需要が高まっている、アニメやゲームのキャラクターのフィギュアを制作する「フィギュア原型師」です。かつてはアニメフィギュアを購入するのはコアなファンだけでしたが、低価格帯のシリーズが登場した影響などもあり、購入者のすそ野が広がり、市場も急成長しています。

3Dプリンタの登場で将来的にはパソコン造形が主流に?

原型師になるには、立体造形のスキルが必要不可欠なので、製図や彫塑、モデリングなどを学んで、「2Dから3Dをイメージする力」「形を伝える力」を習得しましす。最近では3Dプリンタでモデリングを行うケースも増えているので、パソコンでデータを作成するスキルも必要になるでしょう。今後も新しい技術が次々と誕生するであろう分野なので、成功するためには勉強し続ける熱意が求められる仕事です。

《 原型師(モデラー)の仕事 まとめ 》

  • クライアントから依頼があったら、図面を確認し、素材や色、重さなどさまざまな要素を検証して、忠実に再現していく
  • 制作したモデルをクライアントにチェックしてもらい、微調整を重ねる
  • 量産化する場合には、製造に適しているかどうかも検証し、さらに調整を行う
  • 色のパターンや、形のパターンなど何種類も用意して、クライアントに提出するケースもある
  •  

原型師(モデラー)になるために「日本デザイン福祉専門学校」で学ぶ

クラフトザイン学科 造形基礎実習VI(造形素材2)
土・ガラスといった造形素材に対して実験や造形制作を行います。全感覚を生かした作業と観察を行うことで各素材の特性・加工法・利用法や造形的な表現力を学ぶとともに、異種素材との組み合わせ、型や環境の研究など、高度で総合的なアプローチにより素材の造形的な可能性も追求します。

マンガ・アニメ・キャラクター学科 ゼミナール
専門の技術教育を体系的に修得した後、双方向性・相互啓発性の高いゼミの教員指導のもと、分野別に設置された(マンガ・アニメーション・キャラクター・映像)各ゼミに、学生自ら求める技術を集中して学ぶ授業。

コミックアーツ学科 デザイン演習 VIII (ゲーム企画1)
物語を基本に遊びのエレメント「アーゴン(競技性)・アレア(確率)」を基にしたオリジナルゲームの企画をグループで制作します。

NDCの卒業生はこんな活躍をしています!

劇場版「TIGER&BUNNY-The Rising」の美術監督で、話題の「山賊の娘ローニャ」の製作にも参加。

美術監督 大久保 錦一

詳しく見る