将来の仕事
コピーライター になりたい!

  • コピーライターの仕事は、商品やイベント、企業などの広告に使用するキャッチコピーを考えることです。
  • コピーライターになるには、広告代理店や制作会社などで広告制作の仕事に就き、経験を積む必要があります。
  • 言葉に対する感覚の鋭敏さや優れた文章力、時流を読み解くセンスも必要です。

どんな仕事?

商品や広告のキャッチコピーを考える

商品やイベント、企業などの広告に使用するキャッチコピーを考えるのがコピーライター。キャッチコピーは消費者の心を刺激して、「その商品を買いたい」「そのイベントに行きたい」と思わせ、結果的に行動にまで繋げさせることを目的としています。一見華やかな仕事に見えますが、ひとつのキャッチコピーを生み出すために何十本ものコピーを考えることも珍しくありません。それだけに、人々の心を打つ名コピーが生まれた時のやりがいも大きいのです。

どうすればなれる?

広告代理店や制作会社に入ってステップアップ

コピーライターになるには、専門学校や大学などで幅広い教養を身に着けた後、広告代理店や制作会社などで広告制作の仕事に就き、経験を積む必要があります。広告制作のさまざまな業務に携わるうちに適性があると判断されれば、次第にコピーライティングの仕事を任されるようになるでしょう。実績を積み、独立してフリーランスとして活躍することも可能です。

どんな資格・スキルが必要?

優れた文章力と、言葉への感性が求められる

特に資格は必要ありませんが、短い言葉でいかに人の心を惹きつける表現をするかが重要なため、言葉に対する鋭敏な感覚が必要です。また、優れた文章力を持っていること、時流を読み解くセンスも求められるでしょう。多くの消費者を魅了するには、広告対象物のアピールポイントやコンセプト、訴求すべきターゲットなどを研究し尽くすことが大切です。さまざまな切り口からその魅力を伝える言葉を紡ぎだせるよう、広告制作の基礎知識やコピーの書き方などを学んでおくといいでしょう。

この仕事に向いている人

  • 言葉に対する感覚が鋭い人
  • 粘り強く考え続けることができる人
  • 世の中の流行や変化に敏感な人

コピーライターになるために「日本デザイン福祉専門学校」で学ぶ

造形基礎実習III(基礎造形1)
形を造り出す基本的な諸要素「点、線、面」から「色、形、質感」の知識とその造形要素を視覚、構造、力学的に合目的に組織だて、統合的に融合させる様々な構成原理と平面構成の基礎トレーニングについて手作業を中心とした制作で学んでいきます。

分野別総合実習III(エディトリアルデザイン)
雑誌や書籍などの出版物やフリーペーパー、カタログやパンフレットなど冊子形式の編集デザインを印刷やDTP の知識と共に学び、実習していきます。全体構成やタイポグラフィ、写真、イラスト、図表といった様々な視覚要素を整理し、効果的で魅力ある誌面デザイン、レイウトワークを習得していきます。

年次作品制作研究
進級のための作品制作。最後にプレゼンテーションを行います。

NDWCの卒業生はこんな活躍をしています!

  • 好きな画風や対象一本に絞って武器にしていくのもあり

    フリーランスイラストレーター、専門学校講師
    すいいろさん

    詳しく見る

  • 続けなければ夢は叶わないし、継続し続けることも才能

    漫画家 兼 イラストレーター
    はなぶさかえさん

    詳しく見る

  • 新しい出会いから生まれるお仕事もあります

    イラストレーター
    まるやまひとみさん

    詳しく見る