創造的職業人を育成します。

将来の仕事
ブックデザイナー

その本の魅力がひと目で伝えられる装丁をデザインする

ブックデザイナーは装丁家とも呼ばれ、本の表紙をはじめ、本文の文字や挿絵など、書籍のすべてをデザインします。その本の魅力を引き出すデザインが求められるため、書籍の内容をしっかり把握したうえで、表紙のタイトルの書体や色、本文の文字の大きさや行間の幅、表紙にはイラストを使うのか写真を使うのかなどを決定します。また、手に取った際に感じる大きさや重さ、感触なども本の印象を大きく左右するため、紙の種類や厚みなども考慮しながらデザインしていきます。

視覚的伝達と触覚的伝達におけるデザインを学んでおこう

売れる本、魅力的な本を作るためには、視覚的表現に必要なものはもちろんのこと、触覚的伝達に必要な紙の知識なども身に着けておきたいもの。画面構成や色彩、デッサン、画材効果、写真、タイポグラフィー、イラストレーション、コンピュータスキル、印刷、DTPをはじめ、工芸デザインなども身に着けておくとよいでしょう。

目指すは“思わず手に取りたくなる本”

本を装丁する目的は、書店で一人でも多くの人の目に留まり、手に取ってもらうこと。つまり、読者に興味を持ってもらえるような“売れるデザイン”にすることが必要です。装丁次第で本の売れ行きが左右されることもあります。「一生手放したくない」と思える本にできるかどうかは、ブックデザイナーの双肩にかかっているのです。

《 ブックデザイナーの仕事 まとめ 》

  • 著者や出版編集者、クライアントとの打ち合わせし、先方が望むイメージを把握
  • ラフ提案を行い、OKが出たら制作に入る
  • 何度かチェックを入れてもらい、調整を繰りかえし、ブラッシュアップしていく
  • 最終確認をもらったら納品

ブックデザイナーになるために「日本デザイン福祉専門学校」で学ぶ

造形基礎実習III(基礎造形1)
形を造り出す基本的な諸要素「点、線、面」から「色、形、質感」の知識とその造形要素を視覚、構造、力学的に合目的に組織だて、統合的に融合させる様々な構成原理と平面構成の基礎トレーニングについて手作業を中心とした制作で学んでいきます。

造形基礎実習VI(アートワーク2)
表現技法で用いる様々な画材、用具を使い、イラスト、絵画、現代アートの表現方法や展開を学び、具象から抽象表現までの造詣を深め、コンピューターで再現されるマチエールやツール特性の本物に触れる経験を通じて、デザイン表現でのオリジナリティと創造的感性を広げていきます。

分野別総合実習I(シンボル・コミックイラスト)
シンボリックなアイコンから擬人化されたキャラクター、コミック、単純化、デフォルメされたイラストレーションの表現法を様々なグラフィックアイテム、メディアでの展開を考えながら実習制作していきます。

NDWCの卒業生はこんな活躍をしています!

  • 好きな画風や対象一本に絞って武器にしていくのもあり

    フリーランスイラストレーター、専門学校講師
    すいいろさん

    詳しく見る

  • 小さなきっかけから大きな夢を。私のデザイン人生

    フリーランス/グラフィックデザイナー
    内藤 沙也加さん

    詳しく見る

  • 続けなければ夢は叶わないし、継続し続けることも才能

    漫画家 兼 イラストレーター
    はなぶさかえさん

    詳しく見る

  • 新しい出会いから生まれるお仕事もあります

    イラストレーター
    まるやまひとみさん

    詳しく見る