創造的職業人を育成します。

将来の仕事
イラストレーター

クライアントの望んでいる絵をいかに形にするか

書籍の表紙や挿絵、広告ポスター、Webコンテンツなど、イラストレーターが活躍する場はますます増えています。この仕事に就くうえで最も重要なのは、自分が描きたい絵ではなく、いかにクライアントの要望にそったイラストを描けるかどうか。相手が望んでいるのがどんな世界観やテイストの絵なのか、事前にすり合わせて、的確に表現することが大事です。もちろん、基本的なデッサン力やオリジナリティあふれる画力、魅力的な作風も求められます。

イラストレーターになるために学んでおいたほうが良いこと

イラストレーターになるためには特別な資格はいりませんが、専門の学校でデッサンの基礎から高度なテクニックまでしっかり学んでおくといいでしょう。描き方の技術や紙などの支持体への知識、アナログ画材(アクリル絵具、透明水彩、パステル、ペン、コピック、色鉛筆など)、デジタル画材(Adobe Photoshop/Illustrator、ペイントツールSAI、CLIP STUDIOなど)、色彩、印刷に関することなど、身に着けるべきことはたくさんあります。

プロのイラストレーターに求められるもの

イラストレーターの仕事には人脈が欠かせません。そのため、学校を卒業したら制作会社やデザイン事務所、ゲーム会社などに就職し、経験と実力を身に着け、豊富な人脈を築いてから独立する人がほとんどです。フリーランスになったら、その人脈を生かし、自分の作品をどんどん出版社や広告代理店に売り込みましょう。また、プロになるためには仕事の速さや締切厳守も必須です。

《 イラストレーターの仕事まとめ 》

  • 仕事が入ったら、どういったイラストが必要とされているのか綿密に打ち合わせをする
  • クライアントのイメージを具現化したイラストを作成し、サンプルとして送る
  • クライアントのOKが出たら、制作に入る
  • 再度確認を取って、細部の修正を行う
  • フリーランスの場合、売込みなどの営業や経理などの事務作業も自分で行う

イラストレーターになるために「日本デザイン福祉専門学校」で学ぶ

コミックイラスト学科
キャラクターデザインⅡ

コミックイラストの特徴は、アナログを根底にデジタルまで徹底的に表現方法を学ぶ事です。

造形基礎実習Ⅴ
各種絵具や道具の基本的な使用方法と、表現方法を学びます。

iDイマジネーションデザイン学科 造形基礎実習 VI(コミック描写2)
漫画や絵を描くための基本的ペンテクニック、質感表現、効果、スクリーントーンの技術などを学びます。また、白黒やグラデーション表現、構図の制作方法も習得します。

NDWCの卒業生はこんな活躍をしています!

  • 好きな画風や対象一本に絞って武器にしていくのもあり

    フリーランスイラストレーター、専門学校講師
    すいいろさん

    詳しく見る

  • 小さなきっかけから大きな夢を。私のデザイン人生

    フリーランス/グラフィックデザイナー
    内藤 沙也加さん

    詳しく見る

  • 続けなければ夢は叶わないし、継続し続けることも才能

    漫画家 兼 イラストレーター
    はなぶさかえさん

    詳しく見る

  • 新しい出会いから生まれるお仕事もあります

    イラストレーター
    まるやまひとみさん

    詳しく見る