将来の仕事
工業デザイナー/インダストリアルデザイナー

機械的な製品デザインのプロ・インダストリアルデザイナー

プロダクト(製品)デザインの中でも、機械製品のデザインに特化しているのがインダストリアル(工業)デザイナーです。自動車やスマホ、生活に欠かせない家電から、発電機やショベルカーなどの産業機械、MRIやCTといった医療機器まで、機械的な製品をデザインします。こういった製品の場合、見た目の美しさだけではなく、使いやすさや機能性の高さ、修理・モデルチェンジに対応できるデザインが求められるため、ある程度の工学の知識も必要となります。デザインセンスに長けつつ、機械の仕組みや性能に興味がある人にピッタリの仕事です。

インダストリアルデザインに求められる知識とは

大量生産される工業製品をデザインするには、ユニバーサルデザインや人間工学、心理学、製図、簡単な機械工学を学んでおきましょう。消費者目線でのモノづくりが重視される一方、革新的なアイデアを生み出せる能力も求められます。また、機能性にとんだデザインを作り上げるためには開発者や設計者との連携も欠かせないので、コミュニケーション能力も必要です。日頃から流行に気を配り、既製品のデザインの問題点を探り、解決策を考える習慣を身に着けておくとよいでしょう。

インダストリアルデザイナーの働き方

インダストリアルデザイナーの多くはメーカーやデザイン事務所の会社員として働いています。そのため、会社の規模や業績によって差がありますが、おおむね他の職種よりも収入は高めの場合が多いようです。デザインチームを組んで働くことも多く、大きな製品の場合にはパーツごとにそれぞれチームが組まれることも。工業製品にはモデルチェンジが激しいものが多いため、インダストリアルデザイナーの需要は高く、安定した雇用形態が見込める仕事です。

《 工業デザイナー/インダストリアルデザイナーの仕事 まとめ 》

  • 開発者や設計者と打ち合わせをし、製品のコンセプトやテーマをしっかり把握する
  • コストや設計条件などの制約を守りつつ、その製品の魅力を伝えられるデザイン案を複数考える
  • 開発者や設計者とディスカッションし、デザイン案をブラッシュアップ
  • 企画開発やマーケティングの担当者らと事前に市場調査することもある
  •  

工業デザイナー/インダストリアルデザイナーになるために「日本デザイン福祉専門学校」で学ぶ

クラフトザイン学科 造形基礎実習III(基礎造形1)
「行為と素材の表情」「配置と発見」「かたちの要素と単位」「造形のプロセス」など形と素材を中心テーマに、画材・道具の用法、表現技法、造形発想、美的形式原理など造形デザインの基礎について平面や立体の作品制作を通じて学びます。

クラフトザイン学科 造形基礎実習VI(造形素材2)
土・ガラスといった造形素材に対して実験や造形制作を行います。全感覚を生かした作業と観察を行うことで各素材の特性・加工法・利用法や造形的な表現力を学ぶとともに、異種素材との組み合わせ、型や環境の研究など、高度で総合的なアプローチにより素材の造形的な可能性も追求します。

クラフトザイン学科 造形基礎実習V
画材・道具の用法、造形発想など造形デザインの基礎について作品制作を通じて学びます。

NDCの卒業生はこんな活躍をしています!

「モビール・クリエイション」の授業をキッカケに子供のおもちゃを作りたいと思うようになりました。

ヨシリツ株式会社 商品企画チーフ 菊地 誠

詳しく見る

好きなアクセサリーをずっと作り続けるための戦略を立てました。

ガラス工芸作家 稲山 貴栄

詳しく見る