将来の仕事
プロダクトデザイナー

使いやすく美しいプロダクト(製品)をデザインする

自動車や時計、家電といった生活の場で利用される大量生産の工業製品などをデザインするのがプロダクトデザイナーの仕事です。見た目の美しさやかっこよさはもちろんですが、その製品の機能や役割を十分理解したうえで、使いやすさも追求しなくてはなりません。また、市場の動向をしっかり見極めて、消費者のニーズを敏感に捉えることも求められます。そのためには、事前のマーケティングリサーチをしっかりすることが大切。ユニバーサルデザインの需要の高まりもあり、工業製品の商品力を大きく左右するプロダクトデザインを重要視するメーカーは今後ますます増えるでしょう。

人間工学や心理学なども学んでおきたい

製図やスケッチなどの基礎技術に加え、プロダクトデザインで最優先されるユーザビリティ(使いやすさ)を実現するために、人間の様々な特性を理解する人間工学や心理学、機械工学、さまざまな素材知識、ユニバーサルデザインなどを学びます。また、生活の中で使用する様々なモノに対し、普段から問題点や疑問点に気付きけるようにしておくことも大切。日常品をより豊かなモノへ変換させる発想力を身に着けておくといいでしょう。

プロダクトデザイナーの働き方

インハウスデザイナーとして働くなら、自動車や家電、文房具、生活雑貨などのメーカーに就職することになりますが、社内にデザイン部を擁する企業はそう多くはありません。メーカーやデザイン事務所で、さまざまなデザイン業務について経験を積んだ後、独立してフリーで活躍する人もいます。

《 プロダクトデザイナーの仕事まとめ 》

  • クライアントや商品開発担当者、設計士、工場の技術者と綿密な打ち合わせを行い、どのようなコンセプトのデザインが求められているのか把握する
  • デザインする製品の性能やどのような人が使うかを考慮して、さまざまなデザインのアイデアを出し、ラフスケッチを描く
  • デザイン性だけではなく、ユーザビリティにも考慮したデザイン案を制作
  • 製品づくりに携わるさまざまな人々と何度も意見交換を行い、繰り返し修正を行ってブラッシュアップする
  • デザインが完成したら、技術者による製品化へと移行

プロダクトデザイナーになるために「日本デザイン福祉専門学校」で学ぶ

クラフトザイン学科 造形基礎実習III(基礎造形1)
「行為と素材の表情」「配置と発見」「かたちの要素と単位」「造形のプロセス」など形と素材を中心テーマに、画材・道具の用法、表現技法、造形発想、美的形式原理など造形デザインの基礎について平面や立体の作品制作を通じて学びます。

クラフトザイン学科 造形基礎実習VI(造形素材2)
土・ガラスといった造形素材に対して実験や造形制作を行います。全感覚を生かした作業と観察を行うことで各素材の特性・加工法・利用法や造形的な表現力を学ぶとともに、異種素材との組み合わせ、型や環境の研究など、高度で総合的なアプローチにより素材の造形的な可能性も追求します。

クラフトザイン学科 造形基礎実習V
画材・道具の用法、造形発想など造形デザインの基礎について作品制作を通じて学びます。

NDCの卒業生はこんな活躍をしています!

「モビール・クリエイション」の授業をキッカケに子供のおもちゃを作りたいと思うようになりました。

ガラス工芸作家ヨシリツ株式会社 商品企画チーフ 菊地 誠

詳しく見る

好きなアクセサリーをずっと作り続けるための戦略を立てました。

ガラス工芸作家 稲山 貴栄

詳しく見る